事故車も旧車も故障車も、買いたい人はきっといます

急いで手放す前に見る「損せず得する車買取り査定の知識とコツ」

個人売買

いくつもある車の売却方法の中で、自分に最も多くの利益をもたらす方法が個人売買です。

 

個人売買であれば業者を介さないので、余計な中間マージンや手数料が発生せず、売却価格のほとんどを自分の利益にできるからです。

 

具体的には、友人や知人の中からあなたの愛車が欲しいという人を探したり、ネットの掲示板などで募集をかけたりします。

 

価格交渉や役所関係の書類など、煩雑な手続きも多いですが、できる限り多くの利益を得ることが目的であれば、この方法がオススメです。

 

個人売買のメリット

業者のマージンが発生しない

 

個人売買であれば、基本的には自分で好きな価格設定をして、その設定価格での交渉になりまります。

 

100万円に設定すれば、相手が100万円で買うか買わないのかの交渉になりますから、交渉自体を非常に有利に進めることができます。

 

一方、業者が相手であれば、業者から提示された金額が価格交渉のスタートになります。。

 

業者はもちろんプロですから、買取価格はなるべく抑えて利益を確保しなければなりません。つまり、売り手であるあなたとは、完全に利害が相反する訳です。

 

その点、個人売買であれば交渉次第で、金額はかなり変わります。
仮に業者に売るよりも低い価格で売れたとしても、業者のマージンが発生しない分、あなたの取り分が増えますし交渉相手にとっても、お店で買うより安い価格であれば、それだけメリットのある買い物となります。つまり、売り手にも買い手にもメリットのあるWIN-WINの関係になるのです。

 

少々のキズやへこみは価格に影響しないことも

 

お互いによく知った関係であれば話が早いですし、多少のキズやへこみなども問題視せずこちらの言い値を受け入れてくれることもあります。

 

相手が業者であれば、基本的に細かいキズやへこみなどもマイナス査定のポイントとしてカウントされますが、こういった点で、個人売買では売り手に有利な取引になることが多いと言えます。

 

しかし、だからといって不誠実な取引はいけません。

小さな利益のために、信頼関係を壊すようなトラブルになっては元も子もありません。車の良い点も悪い点も、ありのままにすべてを正直に伝えてすっきりとした取引にしましょう。

 

個人売買のデメリット

買い手を探す手間

 

業者を通さずに自分の愛車を売る場合、買い手を自分で見つけてこなければなりません。たまたま、「欲しい」と言ってくれる知り合いがいればいいですが、そんな偶然はそうそうあることではありません。

 

あらゆる友人、知人に当たってみて、自分の愛車を欲しい人間が見つかるかどうかは、ひとえにあなたの人脈の量と質、それと「運」にかかっていると言えます。

 

金銭トラブルのリスク

 

個人売買におけるデメリットは、なんといっても金銭トラブルの起こるリスクです。

 

相手を信用して車を引き渡したものの、いつまでたってもお金を払ってくれない。相手に仮に支払いの意志があったとしても、お金を払えなくなる状況に突然陥ってしまうことだってあります。

 

これが元で、それまでの友人関係が壊れてしまうのは悲しいことです。

 

可能な限り、相手の親などにも取引の内容を伝えて、念のための保証人などを用意してもらうことが、取引の上では必要なことです。

 

相手が名義変更してくれないリスク

 

愛車を買ってくれる相手も見つかり無事に取引成立。売却金額の全額をキャッシュで支払ってもらい、めでたしめでたしと思っていても、意外な落とし穴が待っていたりします。

 

その、意外な落とし穴が「名義変更」にあります。
名義変更の手続きは。車を売却した相手が行うべきものですが、名義変更の手続きは、慣れていないとなかなか煩わしいものです。

 

相手に悪気はなくても、忙しかったりうっかりしていたりで手続きをしないまま1ヶ月が過ぎ2か月が過ぎなんてことはよくあることです。相手が名義変更の手続きを怠っていると、その間の自動車税の支払い義務はあなたに発生します。
(※ 自動車税の支払い義務は4月1日時点の所有者にあります。期中に売却した場合は月割にした税額を相手から受け取りましょう。)

 

そんなトラブルにならないよう、

売却が決まったら、陸運局へは相手と一緒に行って手続きをするなり、先に廃車手続きをしてから車を引き渡すなり、後々あなたに自動車税の請求書が送られてこないよう手を打っておきましょう。

 

愛車をなるべく高く売るには

 

愛車をなるべく高い価格で売るために、あなたが最初にすべきこと、それは「相場を知る」ということです。

 

相場に比べて安い価格で売れば損をしてしまいますし、逆に法外な値段になってしまっては売れないばかりでなく、信用をなくすことにもなりかねません。

 

ものには何でも相場というものがあります。
相場を知っていれば、車を売る自分も買う相手も、どちらも損をしない取引ができます。したがって、「相場を知る」ことが車をなるべく高い価格で売るためにはとても大切なことなのです。

 

相場を知るためにぜひ活用したいのが、買取業者の査定です。

無料査定を受けて業者の提示する買取価格が「相場価格」なのです。この相場価格を最低価格として売却価格の交渉をすることが、愛車をなるべく高く売るための基本です。

 

査定は必ず複数の業者でうけてください。その中の最高額を基準として価格交渉すれば、あなたは損することなく車を手放すことができます。

 

 信頼のできる一括査定サイトに見積もりを依頼する

 

車の売却を考えるなら、まずは信頼のできる一括査定サイトを利用して愛車の相場価格を把握することが重要です。

 

当サイトイチ押しの【一括査定.com】は、一般社団法人 日本自動車流通研究所(通称:JADRI)が運営するサイトで、審査を経た優良買取事業者が参加するサイトなので、安心して見積り依頼をすることができます。

 

→【JADRI公式】一括査定.com詳しくはこちらから



このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

ネットオークションで車を売る
個人が車を売る手段として、いま大きく成長しているのがネットオークションです。買取業者やディーラーより高く売れる可能性があることが大きな魅力です。
車買取専門業者に車を売る
車を売ろうとする人の多くが活用するのが買取専門業者です。いまやテレビCMやインターネット広告などで車買取専門業者の広告を見ない日はありません。それほどこの業界が活況を呈しているということです。
ディーラーで下取り
かつては最もオーソドックスな方法が、新し車を買うお店で、それまで乗っていた車を下取りという形で引き取ってもらうというこの方法でした。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 車の売り方 基礎知識 高く売るには サイトマップ

先頭へ戻る