事故車も旧車も故障車も、買いたい人はきっといます

急いで手放す前に見る「損せず得する車買取り査定の知識とコツ」

ディーラーで下取り

かつては最もオーソドックスな方法が、新し車を買うお店で、それまで乗っていた車を下取りという形で引き取ってもらうというこの方法でした。

 

煩わしい手続きなどなく、新しい車の納車のタイミングで古い車を引き取ってもらうわけですから、車のない期間を作らずにスムーズに乗り換えられます。

 

 

下取りのメリット

 

スムーズな乗り換え

 

先に述べたように、新しい車を買う際に、新たな車を購入する店に古い車を引き取ってもらうことは、いろいろな意味で便利です。

 

手続きを任せられることはもちろん、新たな車の納車と古い車の引取りのタイミングを合わせることで乗り換えのもスムーズです。

 

また、営業マンとの信頼関係を深めることで、次の車でのサービスを期待できるというメリットもあります。

 

購入する車に対してさらに多くのサービスを引き出せる

 

古い車の下取り価格と新しい車の値引き額は、ある意味トレードオフの関係にあります。つまり、その合計額は一定で、どちらかを増やせばその分どちらかが減るという関係です。

 

しかし、その両方の額がある程度煮詰まってきた段階で、さらに多くのサービスを引き出すことも、そこまでの交渉で営業マンとの良好な関係を築いておくことで可能になります。

 

下取りのデメリット

 

下取り価格は安い

 

多くの場合、メーカー系列のディーラーの本業は新車販売です。下取りで引き取った車は業者間オークションなどで転売することで現金化します。

 

そのため、買取専門業者の買取価格と比較してディーラーの下取り価格は低くなるのが一般的です。

 

新たに購入する車が、それまで乗っていた車とは別のメーカーで市場価格が高いと判断できる車の場合には、ディーラーでの下取りは向いていないでしょう。

 

愛車をなるべく高く売るには

 

ディーラーで愛車をなるべく高い価格で下取りしてもらうために、あなたが最初にすべきこと、それは「相場を知る」ということです。

 

相場に比べて安い価格で売れば損をしてしまいますので、自分の愛車の相場価格をしっかりと把握しておくべきです。

 

ものには何でも相場というものがあります。
「相場を知る」ことが車をなるべく高い価格で損せずに売るためにはとても大切なことなのです。

 

相場を知るためにぜひ活用したいのが、買取業者の査定です。

査定は必ず複数の業者でうけてください。その中の最高額を基準として下取りの価格交渉すれば、あなたは損することなく車を手放すことができます。

 

 信頼のできる一括査定サイトに見積もりを依頼する

 

車の売却を考えるなら、まずは信頼のできる一括査定サイトを利用して愛車の相場価格を把握することが重要です。

 

当サイトイチ押しの【一括査定.com】は、一般社団法人 日本自動車流通研究所(通称:JADRI)が運営するサイトで、審査を経た優良買取事業者が参加するサイトなので、安心して見積り依頼をすることができます。

 

→【JADRI公式】一括査定.com詳しくはこちらから



このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

個人売買
いくつもある車の売却方法の中で、自分に最も多くの利益をもたらす方法が個人売買です。個人売買であれば業者を介さないので、余計な中間マージンや手数料が発生せず、売却価格のほとんどを自分の利益にできるからです。
ネットオークションで車を売る
個人が車を売る手段として、いま大きく成長しているのがネットオークションです。買取業者やディーラーより高く売れる可能性があることが大きな魅力です。
車買取専門業者に車を売る
車を売ろうとする人の多くが活用するのが買取専門業者です。いまやテレビCMやインターネット広告などで車買取専門業者の広告を見ない日はありません。それほどこの業界が活況を呈しているということです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 車の売り方 基礎知識 高く売るには サイトマップ

先頭へ戻る