事故車も旧車も故障車も、買いたい人はきっといます。まずは一括査定で愛車の価値を知りましょう。

急いで手放す前に見る「損せず得する車買取り査定の知識とコツ」

スズキ SX4

 

SX4
< 主要スペック >
メーカー 車名 タイプ 燃費
スズキ SX4 ハッチバック 15.6〜16.4km/L
全長 全幅 全高 エコカー減税
4135〜4150mm 1730〜1755mm 1585〜1605mm
室内長 室内幅 室内高 排気量
1975mm 1465mm 1235mm 1490cc
新車価格帯 中古車相場価格帯
171万〜192万円 60万〜130万円円

 

小型車もクロスオーバービークルの時代へ
イタリアのフィアット社と共同開発したスズキの世界戦略モデル。平日の街乗りにも、週末のアウトドアにも使える、コンパクトカーとSUVの長所とデザインを組み合わせたクロスオーバービークルだ。着座位置の高いシートを採用することで、乗り降りのしやすさと運転しやすい視界を実現。インテリアでは、ダッシュボード回りなどの質感を高め、さらに4WD車のフロントシートにはシートヒーターを装備する。ルーフレールを装着し、タイヤ回りのフェンダーとボディ下部を黒く塗装したSUVルックは、1.5XGのみの設定。他グレードはスタンダード、もしくは控えめなエアロパーツが付いたスポーティなスタイルとなる。エンジンは1.5Lと2Lの2種類が搭載され、それぞれ2WDと4WDが用意。組み合わされるミッションは全車4ATとなっている。

 

引用元:カーセンサーnet


このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

スズキ MRワゴン
2001年、ワゴンRのプラットフォームを共用してMRワゴンは登場。全体を連続したラインで構成したデザイン。2002年から日産での生産・供給となった。
スズキ SX4セダン
スポーティな走りとSUVの機動性、コンパクトの利便性をもつクロスオーバーモデル、SX4のセダンモデル。外観はヨーロピアンテイストなベース車のデザインを生かしつつ、セダンらしいライン。フロントもバンパーやグリルを変更し、落ち着いた仕上がり。
スズキ アルト
1979年にアルトは登場し、以来9世代30年以上にわたり継続している。初代モデルは3ドアハッチバックからスタートした。1984年に2世代目へとフルモデルチェンジが行われ、途中から「ワークス」と名付けられたホットモデルが追加され、5世代目までラインアップされた。
スズキ エスクード
エスクードは1988年、本格SUVの性能を持つ小型SUVとして発売。当初は1.6Lエンジンからスタートしたが、後に2.0L V6エンジンやボディバリエーションの追加を行った。3世代目にあたる現行モデルは、2005年に登場。
スズキ エブリイ
大工だった鈴木道雄が、1909年に織機メーカー「鈴木式織機製作所」として創業したスズキ。1952年に二輪車事業、次いで1955年には四輪事業に参入。以後、軽自動車をメインに独自の事業を展開しています。
スズキ エブリイワゴン
大工だった鈴木道雄が、1909年に織機メーカー「鈴木式織機製作所」として創業したスズキ。1952年に二輪車事業、次いで1955年には四輪事業に参入。以後、軽自動車をメインに独自の事業を展開しています。
スズキ キザシ
スズキがCセグメントプレミアム市場に送り込んだフラッグシップセダン。車名には「世界の市場に向け、新しい車作りに挑戦する」というスズキの思いが込められている。
スズキ キャリイ
扱いやすいエンジンをはじめ、広い荷台や頑丈な車体、使いやすさで、市場で確固たる地位を築いてきた軽トラックの11代目。車体のレイアウトが全面的に見直され、クラストップの荷台フロア長はそのままに居住空間が拡大。
スズキ ジムニー
スズキのジムニーは、力強さと強いトルクを兼ね備えた高性能なターボエンジンを搭載しており、高速道路での高速走行や市街地での渋滞時でも快適な走行性能を獲得している。
スズキ ジムニーシエラ
軽自動車のSUV、ジムニーがリッタカーサイズに大きくなったのがジムニーシエラ。ラインナップは1グレードのみ、エンジンは1.3Lの直4で、トランスミッションは4ATと5MTを搭載。
スズキ スイフト
その卓越した走りの良さとスポーティな味わいから、若者を中心に人気を集めた一台が、スズキのスイフトである。小型車の製造に定評があるスズキと、同じく二輪車で培われた技術を元に開発された車がこのスイフトであり、そのスポーティできびきびとした走りが人気であり、全世界で多くのファンを獲得した。
スズキ スプラッシュ
欧州で開発され、ハンガリーにあるスズキの子会社マジャールスズキで生産される、初の自社ブランド輸入車となるハッチバックモデル。四隅に張り出したフェンダーやシャープなヘッドライトをもつ外観は、切り立ったリアエンドにより室内の広さに貢献。
スズキ スペーシア
スズキのスペーシアは、広い乗車スペースと低燃費を特徴とする軽乗用車である。DOHCエンジンを持ち、それにターボを搭載したモデルがある。スペーシアは、スズキグリーンテクノロジーと呼ばれる環境技術を用いて、高い低燃費性と共に走行性能を両立している。
スズキ ソリオ
絶大な人気を誇るスズキの軽自動車ワゴンRの、魅力や機能を踏襲する形で登場したリッターカーがソリオだ。軽自動車規格では実現することができない快適な室内空間をはじめ、1.2Lエンジンから得られる優れた走行性や加速性なども魅力である。
スズキ ハスラー
ハスラーはスズキから販売された、SUVとセミハイトワゴンを融合させた新しいタイプの軽自動車である。スズキのハスラーのエクステリアはアウトドアイメージを強く押し出し、おしゃれで実用的なデザインになっている。
スズキ ランディ
5ナンバーサイズのハイト系8人乗りミニバン。先代モデル同様に、ベースとなったのは、日産の大人気ミニバンであるセレナ。クラス最大の有効室内長および、最大荷室長が実現された。
スズキ ワゴンR
ワゴンRはスズキが開発販売する軽ワゴンである。このスズキワゴンRは30.0km/Lと進化しさらなる低燃費を実現した。アクセルを離し減速すると搭載されたリチウムイオンバッテリーに効率的に充電され、オイルネーターを作動させずに稼働できる。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 車の売り方 基礎知識 高く売るには サイトマップ

先頭へ戻る