事故車も旧車も故障車も、買いたい人はきっといます。まずは一括査定で愛車の価値を知りましょう。

急いで手放す前に見る「損せず得する車買取り査定の知識とコツ」

レシプロエンジンの仕組み

 

かつては鉄が主体だったエンジンブロックは、軽量化を図るため、いまではほとんどがアルミ製になっています。そして、シリンダーの内部で往復運動を行うピストンの爆発力を伝達する役割を担うのがコネクティングロッドです。

 

コネクティングロッドはシリンダーブロック下部に設置されているクランクシャフトと連動して往復運動を回転運動に変換して出力します。

 

シリンダーヘッドは、下面に吸排気バルブを備えた燃焼室を配置し、上面にはタイミングベルトやチェーンで駆動するカムシャフトが、DOHC(ツインカム)の場合は吸排気にそれぞれ1本づつ配置され、カムが1本の(S)OHCの場合は、ロッカーアームというテコのような部品がバルブを押す仕組みになっています。

 

 

燃料系

 

エアクリーナで濾過された空気は、ダクトに導かれて、エアフローメーターで流入量を計測したあとシリンダーに吸入され、インテークマニホールドの付け根に設置されたインジェクターによって直接、高圧で燃料を噴射して混合気をつくる電子制御燃料噴射方式が主流になっています。

 

かつて(1970年頃まで)主流だったキャブレターは、吸入する空気の負圧によって、霧吹きの原理で空気と燃料を混ぜて混合気を供給する仕組みです。

 

 

点火系

 
エンジン内に@吸入。ピストンの上昇によってA圧縮された混合気に着火する役目を持つ点火系は、各気筒の点火のタイミングを司るディストリビューターや、12ボルトの電源をスパーク可能な高電圧に昇圧するコイルを中心に構成されています。

 

燃焼室でB燃焼・膨張、ピストンに力を伝達し終えた燃料ガスは、C排気ガスとしてエキゾーストマニホールドに送られ、触媒によって浄化、マフラーで消音されてテールパイプから排出されます。

 

 

冷却/潤滑系

 

冷却系は、シリンダーブロック内に設けられた水の通路、ウォータージャケットを通過中に熱せられた冷却水をラジエーターで放熱し、エンジンが支障なく回る温度を維持します。

 

潤滑系はポンプによってオイルをエンジンの各部に圧送し、回転部や摺動部の油膜切れを防いでいます。

 

 

→【JADRI公式】一括査定.com 詳しくはこちらから



このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

エンジンの種類
愛した車を1円でも高く売る。そのためのコツが一括査定の活用です。 当サイトではあなたが車を最高額で売るための信頼できる一括査定サイトを紹介しています。
エンジンレイアウトと駆動方式
愛した車を1円でも高く売る。そのためのコツが一括査定の活用です。 当サイトではあなたが車を最高額で売るための信頼できる一括査定サイトを紹介しています。
駆動系の仕組み
愛した車を1円でも高く売る。そのためのコツが一括査定の活用です。 当サイトではあなたが車を最高額で売るための信頼できる一括査定サイトを紹介しています。
サスペンションの種類と仕組み
愛した車を1円でも高く売る。そのためのコツが一括査定の活用です。 当サイトではあなたが車を最高額で売るための信頼できる一括査定サイトを紹介しています。
ブレーキの種類と仕組み
愛した車を1円でも高く売る。そのためのコツが一括査定の活用です。 当サイトではあなたが車を最高額で売るための信頼できる一括査定サイトを紹介しています。
ステアリングシステム
愛した車を1円でも高く売る。そのためのコツが一括査定の活用です。 当サイトではあなたが車を最高額で売るための信頼できる一括査定サイトを紹介しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 車の売り方 基礎知識 高く売るには サイトマップ

先頭へ戻る