事故車も旧車も故障車も、買いたい人はきっといます。まずは一括査定で愛車の価値を知りましょう。

急いで手放す前に見る「損せず得する車買取り査定の知識とコツ」

サスペンションの種類と仕組み

 

サスペンションは、4本のタイヤを常に路面に接地させて車体の安定を保ちながら、操舵と駆動力の伝達を行うための機構です。

 

構成するパーツには、ホイールの車輪を支持する各種アームやリンク、車体を支持すると同時に路面からのショックを吸収するスプリング、サスペンションの動きを素早く収束させるショックアブソーバーなどがあります。

 

各パーツの支持部や取り付け部には、ゴムブッシュをはじめとするゴムパーツを採用して乗り心地を向上させています。

 

これらの構成パーツの中でも、特にアームやリンクの形状と配置にはさまざまな種類があって、各種サスペンション型式を生み出しています。

 

 

ストラット

 

シンプルな構成のサスペンション型式で、最も多くの車種に採用されています。

 

車軸は下部のロワアームで前後左右の動きを規制し、上下方向では上端がボディに固定されたダンパーとスプリングで支える構造です。FR車で軽快なハンドリングを求められる車に特に適しています。

 

ダンパーとスプリングが車体の内側(室内方向)にハミ出す構造なので、フロントサスに採用される場合が多いが、4輪の全てに採用された4輪ストラット車もある。

 

 

ダブルウィッシュボーン

 

二股状になった鳥の胸骨「ウィッシュボーン」に形状の似ている二股アームを、上下に二つ備えていることが「ダブルウィッシュボーン」の名前の由来で、ダンパーとスプリングはロワアームと車体の間にセットされています。

 

ダブルウィッシュボーンのメリットは、タイヤが路面を捉えるロードホールディングに優れている点です。

 

そのため、ハンドリングを重視するスポーティーな車に多く採用されています。剛性も高いので4WD車のリヤサスペンションにも多く採用されています。

 

 

トーションビーム

 

左右のホイールの間に、捻れを受けると反力の発生するトーションビームを配置することで左右のホイールは互いに規制しながら独立して動きます。

 

構造的にはリジット式ですが、独立懸架に近い動きが特徴で、半独立懸架といってもいいような方式です。

 

ダンパーとスプリングは分離配置した車種が多いものの、組み合わせたタイプの車種もあります。FF車のリアサスペンションに多く採用されています。

 

 

電子制御サスペンション

 

電子制御によってダンパーとスプリングをコントロールするサスペンションです。

 

これは、サスペンションそのものの型式ではなく、構成する部品の種類を指すもので、ダンパーを単独で制御するもののほか、スプリングにエアサスペンションを採用してダンパーと同時に制御するタイプもあります。

 

エアサス車の場合、路面の状況や走行スタイルに応じて車高調整もできるのが特徴です。

 

 

マルチリンク

 

複数のアームやロッドを配置し、さまざまな方向のリンクで車軸の動きをコントロールする構造のサスペンションです。

 

他の型式と違って、これといった特別な形はなく、ストラットやダブルウィッシュボーンの進化版といった型式のものが多い。

 

→【JADRI公式】一括査定.com 詳しくはこちらから



このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

エンジンの種類
愛した車を1円でも高く売る。そのためのコツが一括査定の活用です。 当サイトではあなたが車を最高額で売るための信頼できる一括査定サイトを紹介しています。
エンジンの仕組み
愛した車を1円でも高く売る。そのためのコツが一括査定の活用です。 当サイトではあなたが車を最高額で売るための信頼できる一括査定サイトを紹介しています。
エンジンレイアウトと駆動方式
愛した車を1円でも高く売る。そのためのコツが一括査定の活用です。 当サイトではあなたが車を最高額で売るための信頼できる一括査定サイトを紹介しています。
駆動系の仕組み
愛した車を1円でも高く売る。そのためのコツが一括査定の活用です。 当サイトではあなたが車を最高額で売るための信頼できる一括査定サイトを紹介しています。
ブレーキの種類と仕組み
愛した車を1円でも高く売る。そのためのコツが一括査定の活用です。 当サイトではあなたが車を最高額で売るための信頼できる一括査定サイトを紹介しています。
ステアリングシステム
愛した車を1円でも高く売る。そのためのコツが一括査定の活用です。 当サイトではあなたが車を最高額で売るための信頼できる一括査定サイトを紹介しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 車の売り方 基礎知識 高く売るには サイトマップ

先頭へ戻る