事故車も旧車も故障車も、買いたい人はきっといます。まずは一括査定で愛車の価値を知りましょう。

急いで手放す前に見る「損せず得する車買取り査定の知識とコツ」

車を手放すときに知っておきたい基礎知識

 

ひと昔前に比べると、車を売る手段は本当に増えました。
それに伴って、愛車をより高く売るために必要な知識も多岐にわたるようになっています。

 

何も知らずに売ることだけを考えていると、実際の価値よりも安く買い叩かれたり場合によっては思わぬトラブルに巻き込まれることも。

 

そこで、車を手放すときに知っておきたい基本的なことをまとめてみましたので、ぜひ参考にしてください。

 

車を手放すときに必要な基礎知識記事一覧

「下取り」と「買取り」、どう違う?

下取りにするか買取りにするか。車を手放すときに多くの人が迷うところです。どちらが得でどちらが損か?そもそも下取りと買取りって何が違うの?そんな疑問を解決できるよう、それぞれの特徴をまとめてみました。下取りとは「下取り」とは、新たに購入する車の販売店に古い車を引き取ってもらうことです。販売店が査定し、...

≫続きを読む

 

車を売却するまでの大まかな流れ

ここでは、実際に車を売却する際の大まかな手続きの流れを解説しています。買取る業者によっては、多少の違いがありますが、基本的な流れは同じなので、ぜひ参考にしてください。車の相場価格は短い期間にどんどん変動していくものです。準備すべき書類を揃えるのに時間がかかるなどで手続きが停滞してしまうと、その間に査...

≫続きを読む

 

車を手放すときの必要書類

査定を受ける際に必要な書類車の査定を受ける際に必要な書類は、車検証自賠責保険証明書この2種類です。車が盗難車などではなく、きちんと登録された車で、査定を依頼したあなたが正真正銘の所有者であることが確認できれば良いわけです。したがって、何らかの事情でこれらの書類が用意できないと査定してもらえないことも...

≫続きを読む

 

下取りも無料査定を受けてから

新車を購入する場合、購入する新車の販売店に古い車を下取りに出すケースが多いと思います。しかし、一般的に下取り価格は買取専門業者への売却価格よりも低くなりがちです。それは、下取り価格は比較検討することなく業者の言い値で手放してしまうからです。したがって、下取りに出す前に、買取業者の査定を受けて愛車の相...

≫続きを読む

 

査定価格の算出方法

車の査定額は、車種や年式、色。装備など、さまざまな要素で変わってきます。その時に販売市場での人気など、複雑な要素も絡んできますので、実際の査定額は短い期間の間に細かく変動しています。実際の車の査定は、中古自動車査定士技能検定に合格した査定士が人が行いますが、プロの査定士も、ある程度の指針にもとづいて...

≫続きを読む

 

車の査定額はなぜ業者によって差がある?

車を高額で売るためのコツは、低数の業者で査定を受けることです。なぜなら、業者によって、査定学に大きな差が出る事があるからです。実際に査定をすると分かりますが、数十万単位で差が出ることもあります。したがって、億劫だからと1社しか査定依頼をしなければ、思わぬ損をすることもあるのです。車の売却で損をしない...

≫続きを読む

 

査定のチェックポイント

プロの査定士が車の査定をするとき、チェックするポイントは決まっています。一定の基準で定められた場所をチェックすることで、その車の価値を判断しているわけです。したがって、そのポイントを知っていれば、より査定額を高くするために事前に対策をすることができます。ここでは、クルマの査定のチェックポイントを紹介...

≫続きを読む

 

下取りの流れと交渉の鉄則

新たに新車に乗り換える場合は、ディーラーで今の車を下取りに出す人のが一般的です。新車購入と一緒に手続きができるので、手続きも簡単ですし時間もかかりません。また、乗り換えも切れ間なくスムーズに行えるというメリットもあります。ただし、今の車の査定額は、購入する車の値引き額とトレードオフの関係にあるため分...

≫続きを読む

 

個人売買で必要な知識

やり方を間違わなければ、車をもっとも有利に手放せる可能性があるのが個人売買です。業者を通さず直接売買するので、少し安く売ったとしても、売る側は大きな利益を得ることができます。また買う側も業者から買うよりも安く買えるというメリットがあります。売り手、買い手の双方にメリットのある個人売買ですが、名義変更...

≫続きを読む

 

車の名義変更手続き

正しいやり方で行えば、車を手放すもっとも有利な方法が個人売買です。しかし、知識がなければトラブルに見舞われるリスクがあるのも個人売買です。その中でもややこしいのが名義変更のトラブル。買い手側がすみやかに手続きをしてくれないと、すでにてばなした車の税金を負担する羽目にもなりかねません。なんとなくとっつ...

≫続きを読む

 

車庫証明の取得

車を購入するためには、「車庫証明書(保管場所証明書)」が絶対に必要となります。これは、購入した車をきちんと保管する場所を確保していることを証明するもので、これが無ければ車を所有できません。車を保管するためには駐車場代などでそれなりのおかねがかかります。もしも保管場所がなくても車を保有できたら、これら...

≫続きを読む

 

車を売却する業者の選び方

テレビや雑誌、インターネットの広告などでは、車の買取専門店の広告をよく見かけます。ひと昔前に比べると、車を売るための選択肢が増え、売る側にとっては良い環境が整ってきたと言えるでしょう。しかし逆に言うと、選択肢が増えた分、良い業者を見抜く知識も要求されるようになっています。同じ車であっても、高い査定を...

≫続きを読む

 

車の査定前の修理は損か得か

車の査定を受ける前に、、傷や故障は直すべきなのかということを悩む人がいます。結論から言うと、査定を受ける前に修理は必要ありません。売却するまでの間に、乗ることに支障があるような故障等では、修理しなければなりませんが、そうでない限りは、そのまま査定を受けましょう。そのワケは、傷や故障はもちろん査定のマ...

≫続きを読む

 

最後の手段は廃車

どんなクルマでも、こまめに手入れをして大事に乗れば、半永久的に乗り続けることが可能です。実際、日本の車では1960年代の車を大事に乗っている方を街で見かけることがありますし、アメリカやヨーロッパの車では、それよりも古い車を見かけることだってあります。本当に愛する車を、一生連れ添うつもりで大事にする。...

≫続きを読む

 

水没した車を手放すには

東日本大震災で津波に飲み込まれる車の姿をテレビで見たのは、まだまだ記憶に新しいところですが、それ以外でも、最近はゲリラ豪雨や台風による河川の氾濫などで車が水没する事故が珍しくありません。一度水に浸かってしまった車を完全に元の状態に戻すことはとても困難なことです。したがって、一般的に中古車業者は水没車...

≫続きを読む

 

事故車とは?

一般的に言われる「事故車」とは、事故にあった、あるいは事故を起こしたことのある車ということになりますが、車の査定で定義される「事故車」とは「修復歴車」のことになります。それでは、「修復歴車」とはなんなのでしょう。これには厳密な定義があります。ここでは「修復歴車」厳密な定義について解説していきます。事...

≫続きを読む

 

信頼のできる業者選び

車を売却する相手ろして、どんな業者が良いでしょう?金額の大きな取引になるので、もちろん信頼できる業者にお願いしたいですよね。名義変更などの手続きも、スムーズにやってくれる業者でないと安心できません。買取金額が高く、手続きなども円滑に行ってくれる業者を選ぶのは当然のことです。しかし、どうやって、信頼で...

≫続きを読む

 

日頃のメンテナンスで車の価値を維持する

ついつい怠りがちな車のメンテナンス。でも、いつか車を売る日が来た時に、日頃からメンテナンスをしてきた車としてない車では、買取の査定額に差が出てきます。車の査定に大きな影響のある年式や走行距離、車種といった要素は変えることができませんが、エンジンや内外装の状態などは、日頃の簡単なメンテナンスで、いい状...

≫続きを読む

 

軽自動車を売る

いま中古車市場で最もホットなのが軽自動車です。維持費が安く、燃費がいいなどの経済的な要素もさることながら、夫婦二人と小さな子供二人が乗るのに十分な広さ高齢者にも取り回しが楽なコンパクトサイズスポーティーな走りにも対応できる力強いエンジンこういったことが人気の秘密なのです。合理的に考えれば選ばない理由...

≫続きを読む

 

車検の残り期間と査定額

車検の時期が迫っているときに車の売却を考えている人が迷うのが、車検を通してから売るべきか、通す前に売るべきかということですね。これについては、「車検前に売る?あとに売る?」でも書いた通り、車検を通すことで査定額を上げることには意味がありません。車検期間が長いほど、売値は高く設定できるので、もちろん車...

≫続きを読む

 

走行距離と査定額

車の査定額を決める項目の中で、走行距離は年式、車種に次ぐ重要な項目です。走行距離が長ければ査定にはマイナス、短ければその分プラスの要素になります。この走行距離にも、年式と比例した妥当な走行距離の目安といったものがありますので、ここで詳しくまとめてみました。ぜひ参考にしてください。基準は1年1万キロ車...

≫続きを読む

 

7人乗りと8人乗り、ミニバンの査定額は?

中古車市場でも、いまとても人気のあるミニバンですが、7人乗りと8人乗りではどちらのほうが高く売れるのでしょう。ミニバンの多くの車種で、7人乗りと8人乗りの両方の設定があります。家族が8人ならば迷うことなく8人乗りを選ぶところですが、そうでもなければ満員乗車をする機会なんて普通の人はほとんどありません...

≫続きを読む

 

定期点検を受ける

車を購入すると、最初に3年目、それ以降は2年ごとに車検を受ける必要があります。その際、安全走行に支障がが無いかどうかを確認するわけですね。素人でも見えるところだけでなく、細部に渡ってプロの目で確認するわけです。車検以外にも、車検と車検との間に行う「法定1年点検」と、車検と同時期に行う「法定2年点検」...

≫続きを読む

 

ワンオーナー車の査定額

「ワンオーナー車」町の中古車屋さんでも中古車雑誌でもよく見かける言葉です。その車の所有者が、それまでずっと同じ人物だったという意味ですが、有力なアピールポイントになる理由はなぜでしょう?それは同じ持ち主ですから整備状況や修理歴などがハッキリしやすいことがあります。オーナーが何度も変わっている車は、ど...

≫続きを読む

 

保管場所と査定額

購入して何年もたった車の状態は、保管場所の状況によっても大きく変わってきます。屋根のあるガレージに保管されていた車と、屋根のない駐車場で保管されていた車とでは、塗装の状態にもかなりの差が出てくるわけです。したがって、車の状態をなるべく劣化しないような工夫をすることで、査定額も高く維持することができる...

≫続きを読む

 

サンルーフと査定額

車内を明るく開放的な雰囲気にしてくれるサンルーフ。車を購入する際にサンルーフのある車を選ぶ人も多いのではないでしょうか。サンルーフはもちろん無いよりはあった方が査定には有利になります。人気の装備のひとつなので、本革シートなどと同じように高額で売れる要素になります。しかし、逆にマイナス査定となる場合も...

≫続きを読む

 

ステアリングホイール(ハンドル)の痛みと査定額

車を日常的に使っていると、意外に痛むのがステアリングホイール(ハンドル)です。表面に革が巻かれている場合は擦り切れてボロボロになってくる場合もあります。この、ステアリングの状態も内装の一部として買取査定の評価に影響してきます。ここではステアリングホイール(ハンドル)と査定額についてまとめてみました。...

≫続きを読む

 

オートマチック車とマニュアル車の査定額

最近の車は圧倒的にオートマチック車の割合が高いですね。運転免許証にもオートマ限定があり、マニュアル車では運転できない人も増えているので当然のことかもしれません。しかし、一部のスポーツカーなど、まだまだマニュアル車のほうが人気が高いものもあります。そこで知っておきたいのが、オートマチック車とマニュアル...

≫続きを読む

 

軽自動車が人気の理由

軽自動車を本当によく見るようになりました。実際2014年の新車登録数の4割以上が軽自動車ですからものすごい勢いで軽自動車が増えているのです。お財布にも環境にも優しい軽自動車のニーズは、非常に高いわけです。これだけ人気のある軽自動車ですから、売却をするときにも高い査定が出やすい傾向にあります。走行距離...

≫続きを読む

 

新車購入の下取り交渉

新車を購入するときの価格交渉は、まずは、下取り車を考慮しないで行いましょう。車の買い替えをする人は、下取りに出すのが一般的だと思うかもしれませんが、そうすると損をする可能性があります。車の買取専門業者などで売却した方が、下取りよりも高く売れることが多いからです。したがって、まずは下取りなしの見積りを...

≫続きを読む

 

一括査定を依頼後の業者の営業電話への対処法

愛車の相場価格を確認するのに便利なインターネットの一括査定サービスですが、「依頼してすぐに複数の会社から営業電話が来るようになって困った。」 こんな話をよく聞きます。相手も商売ですし、依頼したのはこちらなので仕方ないですが、うまく対処して効率よく売却交渉を進めたいものです。ここでは、業者の営業電話へ...

≫続きを読む

 

中古車オークションを個人で利用する

これまで、個人が車を売却するための方法について紹介してきましが、業者が他の業者に車を売却する方法に、車業者専用のオークションである「オートオークション」があります。買取業者が買い取った車は、このオートオークションで売却されるのが一般的です。ですから、もしもこのオートオークションで個人がを売ることがで...

≫続きを読む

 

事故に遭ったら「事故減価額証明書」

交通事故で車が大きく損傷した場合で、骨格部位の交換あるいは修復を行うと、その車は事故車(修復歴車)となって、修復歴のないものと比べて経済的な価値は大きく下がります。JAAI(財団法人日本自動車査定協会)では、このような場合の被害額を「事故減価額証明書」によって適正な減価額の評価証明をしています。交通...

≫続きを読む

 

車検切れの車を売る

車検の残り期間と査定額の関係については、別記事「車検の残り期間と査定額」にまとめましたので、そちらを参照してください。今回は、車検の切れてしまった車の売却についてまとめましたので、ぜひ参考にしてください。車検切れの車を動かすときは仮ナンバーをお忘れなく何らかの事情で車検期間が過ぎてしまった場合、その...

≫続きを読む

 

カテゴリー特価型の専門店で車を売る

車には多くのカテゴリーが存在します。「ミニバン」「コンパクトカー」「軽自動車」「セダン」「スポーツカー」「クロカン4躯」「輸入車」.....などなど。挙げればまだまだありそうです。いま幹線道路などを走っていると、これらの車のカテゴリーに特化した中古車専門店をよく目にします。「ミニバン専門店」「軽自動...

≫続きを読む

 

オークション代行のリスク

車を手放す方法として、オークション代行の業者を利用するという方法もあります。オークション代行業者の場合、「中古車オークションを個人で利用する」にも書いたようなメリットがあります。つまり、通常の業者に売却するよりも支払うマージンが少ない分、あなたの利益は大きくなるという点です。しかし、オークション代行...

≫続きを読む

 

中古車販売店に売るか、買取専門店に売るか

車を新車に買い換える。こんな時には、今の車をディーラーに下取りに出すという選択肢があります。そうでないときは、中古車販売店に売るか買取業者に売るかが、有力な選択肢になってきます。では、どちらをどのように選ぶことが車を少しでも高く売る方法なのでしょう?ここでは、中古車販売店と買取専門店の違いについてま...

≫続きを読む

 

車の相場価格が下がる理由

車の価値は、年数が経過すればするほど、そして乗れば乗るほど下がっていきます。そして、価値が下がるということは、相場価格が下がるということです。車も耐久消費財ですからこれは仕方のないことですね。相場価格の下がり方は一定ではありませんん。つまり、相場価格の下がる様子をグラフに表した時に、一定の角度の右肩...

≫続きを読む

 

人気車種なのに買取相場が低い?

車の相場価格では、人気のある車種の相場価格がもちろん高くなります。人気があれば、買い取ってもすぐに売却できます。そのため何よりも自社で買取りたいために買取価格を高く設定する傾向にあります。このような理由で需要の多い人気車の買取相場は高くなります。しかし、いっぽうで人気車種なのに買取相場が低くなってし...

≫続きを読む

 

車を売った時の自動車税の還付

車にかかる税金には以下のような種類があります。自動車税(軽自動車税) 自動車取得税 自動車重量税これらの税金の中には、その年度の分を先払いしているため、年度の途中で売却すると戻ってくる(還付される)ものがあります。ここでは、還付される税金についてまとめましたので、ぜひ参考にしてください。自動車税(軽...

≫続きを読む

 

不動車も売れる?

大きな事故で大破したり災害等で冠水したりして、機関系、駆動系、電装系などの主要な部分が完全にダメになってしまって動かない車。それを業界用語では「不動車」と呼びます。誰が考えても、車としては全く無価値ですよね。さっさと解体業者に連絡して、「なるべく費用をかけずに処分してしまおう。」多くの人はそう考える...

≫続きを読む

 

下取りに出すか買取業者に売るか。事故車の場合は?

事故や災害で、車が再起不能のダメージを受けてしまった場合、次に乗る車を購入することになると思います。そなとき、乗れなくなってしまった車をどうしますか?新車を購入するならディーラーに処分を依頼し、中古車を購入するのであれば中古車販売店に処分を依頼する。そう考える人も多いと思います。でも、ちょっと待って...

≫続きを読む

 

「下取車手続代行費用」や「査定料」ってなに?

車を新車に乗り換えるとき、今乗っている車をディーラーに下取りに出す人も多いと思います。購入する車の価格の交渉がひととおり終わると、ディーラーの営業マンから「見積書」を渡されます。見積書には、車両価格やオプション装備の価格、下取り車の価格、各種税額、値引き額などの他に、「下取車手続代行費用」や「査定料...

≫続きを読む

 

どんなに車でも意外な高値が付くことのある下取り価格のカラクリ

廃車にするしかないような車でも、新車の購入時にはディーラーでの査定額が意外な高値になることがあります。深く考えずに「ラッキー!得した」などと思っていても、実は逆に損をしている場合があります。それは、本来であれば購入する車の値引き額をモット下げることが可能なのに、意外な高値になった下取り額に満足してし...

≫続きを読む

 

輸入車の下取り価格

20世紀の終わりまでに日本車は、信頼性という点で世界でも確固たる地位を築くことができましたが、メルセデス・ベンツやBMWなどに比べると「ステイタス」という点でなかなか追いつくことができませんでした。しかしながら、トヨタが「レクサス」、ホンダが「アキュラ」、ニッサンが「インフィニティ」を、それぞれ北米...

≫続きを読む

 

個人売買の場合、どうやって売値を決める?

車を売却するる場合、もしも「あなたの車が欲しい」という人が現れたなら、業者を介さずに直接売るのが一番利益の出る方法です。業者にマージンを支払う必要がないのですから当然ですね。そして、買う人にとっても業者から買うよりも安く買えるのでメリットがあります。そこで、問題なのが価格の設定です。売る方はもちろん...

≫続きを読む

 

一般社団法人自動車公正取引協議会(公取協)について

車を買いに、あるいは下見のために中古車販売店などに行ったとき、右のステッカーを見たことはないでしょうか?これは、一般社団法人自動車公正取引協議会(公取協)の会員証です。公取協とは、車の取引が公正に行われ、一般の消費者が安心して車の購入や売却ができるように、そして、そこで商売する業者も安心して取り引き...

≫続きを読む

 

中古自動車査定士とは

クルマを買い換えるとき、いま乗っている車は売却することになります。もしも、この時、売却先の業者によって買取価格がまちまちだったらどうでしょう?まちまちの度合いも大きく、ある店では10万円、またある店では30万円、中には50万円で買い取ってくれるところもあったりしたら。私たちは、中古車に関わる業界その...

≫続きを読む

 

日本オートオークション協議会とは

中古車の流通は、業者間のオークションを開催しているオートオークションの登場で飛躍的に拡大することになりました。そして、拡大した中古車の流通に信頼性を与えることにおおきく寄与したのが日本オートオークション協議会(NAK)の存在を挙げることができます。例えば、中古車の本当の車両の状態を確認することはとて...

≫続きを読む

 

財団法人日本自動車査定協会(JAAI)について

日本国内の自動車保有台数が現在7000万台あまりです。の本の人口が約1億2700万人。そのうち男性が6200万人、女性が6500万人ですから。日本中の女性の数よりも車の数が多いということです。ちなみに、2014年の新車の販売台数が約550万台です。ちょっと関係ないですが、でも、どうですか?日本中にあ...

≫続きを読む

 

エコカーの買取相場

消費者に人気のあるクルマのトレンドは、その時々の時代を反映します。いまは、人間のさまざまな活動の中で排出されるCO2による地球温暖化の問題を解決するために、燃費の良い車、石油などの化石燃料を燃やさない車が主役になっています。これらの燃費の良い車、石油などの化石燃料を燃やさない車、いわゆる「エコカー」...

≫続きを読む

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 車の売り方 基礎知識 高く売るには サイトマップ

先頭へ戻る