事故車も旧車も故障車も、買いたい人はきっといます。まずは一括査定で愛車の価値を知りましょう。

急いで手放す前に見る「損せず得する車買取り査定の知識とコツ」

中古車オークションを個人で利用する

 

これまで、個人が車を売却するための方法について紹介してきましが、業者が他の業者に車を売却する方法に、車業者専用のオークションである「オートオークション」があります。

 

買取業者が買い取った車は、このオートオークションで売却されるのが一般的です。ですから、もしもこのオートオークションで個人がを売ることができれば、買取業者に売却するよりもマージンが少なくなり得だと言えます。

 

しかし、オートオークションには、参加資格があり、通常は個人が参加することは不可能です。しかし、方法はあります。それはオークション代行業者を利用することです。代行業者は、あなたの代わりに自動車をオークションに出品してくれます。

 

ここでは、中古車オークションを個人で利用する方法についてまとめてみました。
ぜひ参考にしてください。

 

 

オークション代行のメリット

 

中間マージンを減らして利益が増える

 

一般的に買取業者はオークションで車を売却します。
車を買い取るときには、オークション相場よりも安く買い、それを相場価格で売却することで差額を利益として得ているのです。

 

したがって、直接オークションに出品すれば、業者が得ていた利益を、そのままあなたの利益にすることができます。

 

 

消費税も利益になる

 

オートオークションで車を売却して受け取ることができるのは、「車両代金+消費税」です。業者の場合、消費税は国や自治体に納めますが、個人の場合は消費税を納める必要はありません。したがって、消費税の分はそのまま利益になります。

 

そして、自動車税の還付やリサイクル預託金の返還など、車両代金以外の受け取りもできるのです。

 

 

オークション代行のデメリット

 

代行手数料

 

代行業者にたいしては手数料がかります。業者によって差がありますが、代行手数料が2〜4万円程度、その他クルマの輸送費用、出品料、成約料などがかかり、合算すると10万円程度になることもあります。

 

落札額の低い車であれば、赤字になることもあるので注意が必要です。

 

落札が保証されているわけではない

 

オークションですから、落札する人が現れなければ売ることはできません。希望者がいなければ、そのまま流れてしまうことになるのです。そして、仮に売れなかったとしても出品料や車の輸送費は実費として支払わなければなりません。

 

 

事前に一括査定で相場価格を把握しておくことが必要

 

中古車オークション代行を利用することで、売却の利益が増える可能性もありますが、売れ残ってしまう可能性もあります。さまざまな可能性を考慮し、うまく売れなかったときに次の手を打てるように買取業者の査定を受けておきましょう。

 

買取業者の査定額を事前に把握し、それ以上で売る自信があればオークション代行を利用してもいいでしょう。オークションの代行業者に相談すれば、いくらくらいで売れそうか予想を出してくれます。それで満足のいく価格が見込めるなら、オークション代行業者を利用してしてみましょう。

 

どの方法を選ぶにしても、あらかじめ自分の車の相場価格を把握することは必要です。

 

そこで、一括査定サイトの利用をお勧めします。

 

→【JADRI公式】一括査定.com 詳しくはこちらから



このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

「下取り」と「買取り」、どう違う?
下取りにするか買取りにするか。車を手放すときに多くの人が迷うところです。どちらが得でどちらが損か?そもそも下取りと買取りって何が違うの?そんな疑問を解決できるよう、それぞれの特徴をまとめてみました。
車を売却するまでの大まかな流れ
ここでは、実際に車を売却する際の大まかな手続きの流れを解説しています。買取る業者によっては、多少の違いがありますが、基本的な流れは同じなので、ぜひ参考にしてください。
車を手放すときの必要書類
車が盗難車などではなく、きちんと登録された車で、査定を依頼したあなたが正真正銘の所有者であることが確認できれば良いわけです。したがって、何らかの事情でこれらの書類が用意できないと査定してもらえないこともあります。
下取りも無料査定を受けてから
新車を購入する場合、購入する新車の販売店に古い車を下取りに出すケースが多いと思います。しかし、一般的に下取り価格は買取専門業者への売却価格よりも低くなりがちです。
査定価格の算出方法
車の査定額は、車種や年式、色。装備など、さまざまな要素で変わってきます。その時に販売市場での人気など、複雑な要素も絡んできますので、実際の査定額は短い期間の間に細かく変動しています。
車の査定額はなぜ業者によって差がある?
車を高額で売るためのコツは、低数の業者で査定を受けることです。なぜなら、業者によって、査定学に大きな差が出る事があるからです。実際に査定をすると分かりますが、数十万単位で差が出ることもあります。
査定のチェックポイント
プロの査定士が車の査定をするとき、チェックするポイントは決まっています。一定の基準で定められた場所をチェックすることで、その車の価値を判断しているわけです
下取りの流れと交渉の鉄則
新たに新車に乗り換える場合は、ディーラーで今の車を下取りに出す人のが一般的です。新車購入と一緒に手続きができるので、手続きも簡単ですし時間もかかりません。また、乗り換えも切れ間なくスムーズに行えるというメリットもあります。
個人売買で必要な知識
やり方を間違わなければ、車をもっとも有利に手放せる可能性があるのが個人売買です。
車の名義変更手続き
正しいやり方で行えば、車を手放すもっとも有利な方法が個人売買です。しかし、知識がなければトラブルに見舞われるリスクがあるのも個人売買です。
車庫証明の取得
車を購入するためには、「車庫証明書(保管場所証明書)」が絶対に必要となります。これは、購入した車をきちんと保管する場所を確保していることを証明するもので、これが無ければ車を所有できません。
車を売却する業者の選び方
テレビや雑誌、インターネットの広告などでは、車の買取専門店の広告をよく見かけます。ひと昔前に比べると、車を売るための選択肢が増え、売る側にとっては良い環境が整ってきたと言えるでしょう。
車の査定前の修理は損か得か
車の査定を受ける前に、、傷や故障は直すべきなのかということを悩む人がいます。結論から言うと、査定を受ける前に修理は必要ありません。
最後の手段は廃車
ひと昔前に比べると、車を売る手段は本当に増えました。それに伴って、愛車をより高く売るために必要な知識も多岐にわたるようになっています
水没した車を手放すには
一度水に浸かってしまった車を完全に元の状態に戻すことはとても困難なことです。したがって、一般的に中古車業者は水没車・冠水車は買い取らないケースも多いのです。ここでは、完全に水に使ってしまった車、水没車・冠水車の処分についてまとめていますので参考にしてください。
事故車とは?
一般的に言われる「事故車」とは、事故にあった、あるいは事故を起こしたことのある車ということになりますが、車の査定で定義される「事故車」とは「修復歴車」のことになります。
信頼のできる業者選び
ひと昔前に比べると、車を売る手段は本当に増えました。それに伴って、愛車をより高く売るために必要な知識も多岐にわたるようになっています
日頃のメンテナンスで車の価値を維持する
ひと昔前に比べると、車を売る手段は本当に増えました。それに伴って、愛車をより高く売るために必要な知識も多岐にわたるようになっています
軽自動車を売る
ひと昔前に比べると、車を売る手段は本当に増えました。それに伴って、愛車をより高く売るために必要な知識も多岐にわたるようになっています
車検の残り期間と査定額
ひと昔前に比べると、車を売る手段は本当に増えました。それに伴って、愛車をより高く売るために必要な知識も多岐にわたるようになっています
走行距離と査定額
ひと昔前に比べると、車を売る手段は本当に増えました。それに伴って、愛車をより高く売るために必要な知識も多岐にわたるようになっています
7人乗りと8人乗り、ミニバンの査定額は?
ひと昔前に比べると、車を売る手段は本当に増えました。それに伴って、愛車をより高く売るために必要な知識も多岐にわたるようになっています
定期点検を受ける
ひと昔前に比べると、車を売る手段は本当に増えました。それに伴って、愛車をより高く売るために必要な知識も多岐にわたるようになっています
ワンオーナー車の査定額
ひと昔前に比べると、車を売る手段は本当に増えました。それに伴って、愛車をより高く売るために必要な知識も多岐にわたるようになっています
保管場所と査定額
ひと昔前に比べると、車を売る手段は本当に増えました。それに伴って、愛車をより高く売るために必要な知識も多岐にわたるようになっています
サンルーフと査定額
ひと昔前に比べると、車を売る手段は本当に増えました。それに伴って、愛車をより高く売るために必要な知識も多岐にわたるようになっています
ステアリングホイール(ハンドル)の痛みと査定額
ひと昔前に比べると、車を売る手段は本当に増えました。それに伴って、愛車をより高く売るために必要な知識も多岐にわたるようになっています
オートマチック車とマニュアル車の査定額
ひと昔前に比べると、車を売る手段は本当に増えました。それに伴って、愛車をより高く売るために必要な知識も多岐にわたるようになっています
軽自動車が人気の理由
ひと昔前に比べると、車を売る手段は本当に増えました。それに伴って、愛車をより高く売るために必要な知識も多岐にわたるようになっています
新車購入の下取り交渉
ひと昔前に比べると、車を売る手段は本当に増えました。それに伴って、愛車をより高く売るために必要な知識も多岐にわたるようになっています
一括査定を依頼後の業者の営業電話への対処法
ひと昔前に比べると、車を売る手段は本当に増えました。それに伴って、愛車をより高く売るために必要な知識も多岐にわたるようになっています
事故に遭ったら「事故減価額証明書」
ひと昔前に比べると、車を売る手段は本当に増えました。それに伴って、愛車をより高く売るために必要な知識も多岐にわたるようになっています
車検切れの車を売る
ひと昔前に比べると、車を売る手段は本当に増えました。それに伴って、愛車をより高く売るために必要な知識も多岐にわたるようになっています
カテゴリー特価型の専門店で車を売る
ひと昔前に比べると、車を売る手段は本当に増えました。それに伴って、愛車をより高く売るために必要な知識も多岐にわたるようになっています
オークション代行のリスク
ひと昔前に比べると、車を売る手段は本当に増えました。それに伴って、愛車をより高く売るために必要な知識も多岐にわたるようになっています
中古車販売店に売るか、買取専門店に売るか
ひと昔前に比べると、車を売る手段は本当に増えました。それに伴って、愛車をより高く売るために必要な知識も多岐にわたるようになっています
車の相場価格が下がる理由
ひと昔前に比べると、車を売る手段は本当に増えました。それに伴って、愛車をより高く売るために必要な知識も多岐にわたるようになっています
人気車種なのに買取相場が低い?
ひと昔前に比べると、車を売る手段は本当に増えました。それに伴って、愛車をより高く売るために必要な知識も多岐にわたるようになっています
車を売った時の自動車税の還付
ひと昔前に比べると、車を売る手段は本当に増えました。それに伴って、愛車をより高く売るために必要な知識も多岐にわたるようになっています
不動車も売れる?
ひと昔前に比べると、車を売る手段は本当に増えました。それに伴って、愛車をより高く売るために必要な知識も多岐にわたるようになっています
下取りに出すか買取業者に売るか。事故車の場合は?
ひと昔前に比べると、車を売る手段は本当に増えました。それに伴って、愛車をより高く売るために必要な知識も多岐にわたるようになっています
「下取車手続代行費用」や「査定料」ってなに?
ひと昔前に比べると、車を売る手段は本当に増えました。それに伴って、愛車をより高く売るために必要な知識も多岐にわたるようになっています
どんなに車でも意外な高値が付くことのある下取り価格のカラクリ
ひと昔前に比べると、車を売る手段は本当に増えました。それに伴って、愛車をより高く売るために必要な知識も多岐にわたるようになっています
輸入車の下取り価格
ひと昔前に比べると、車を売る手段は本当に増えました。それに伴って、愛車をより高く売るために必要な知識も多岐にわたるようになっています
個人売買の場合、どうやって売値を決める?
ひと昔前に比べると、車を売る手段は本当に増えました。それに伴って、愛車をより高く売るために必要な知識も多岐にわたるようになっています
一般社団法人自動車公正取引協議会(公取協)について
ひと昔前に比べると、車を売る手段は本当に増えました。それに伴って、愛車をより高く売るために必要な知識も多岐にわたるようになっています
中古自動車査定士とは
ひと昔前に比べると、車を売る手段は本当に増えました。それに伴って、愛車をより高く売るために必要な知識も多岐にわたるようになっています
日本オートオークション協議会とは
ひと昔前に比べると、車を売る手段は本当に増えました。それに伴って、愛車をより高く売るために必要な知識も多岐にわたるようになっています
財団法人日本自動車査定協会(JAAI)について
ひと昔前に比べると、車を売る手段は本当に増えました。それに伴って、愛車をより高く売るために必要な知識も多岐にわたるようになっています
エコカーの買取相場
ひと昔前に比べると、車を売る手段は本当に増えました。それに伴って、愛車をより高く売るために必要な知識も多岐にわたるようになっています

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 車の売り方 基礎知識 高く売るには サイトマップ

先頭へ戻る