事故車も旧車も故障車も、買いたい人はきっといます。まずは一括査定で愛車の価値を知りましょう。

急いで手放す前に見る「損せず得する車買取り査定の知識とコツ」

トヨタ カムリハイブリッド

 

カムリハイブリッド
< 主要スペック >
メーカー 車名 タイプ 燃費
トヨタ カムリハイブリッド 4ドアセダン 23.4〜25.4km/L
全長 全幅 全高 エコカー減税
4,850mm 1,825mm 1,470mm 100%減税
室内長 室内幅 室内高 排気量
2,080,mm 1,525mm 1,210mm 2,500cc
新車価格帯 中古車相場価格帯
320万〜403万円 58万〜349万円

 

1980年に、セリカの派生車種として登場したのがカムリの初代モデル。その後、国内・米国市場で販売台数を拡大し、現在9世代目になる。現行モデルは日本国内ではハイブリッド専用車種となる。カムリハイブリッドのボディサイズはL:4,825mm、W:1,825mm、H:1,470mmで、ミドルクラスセダンとして存在感を持たせている。駆動方式はFFで、搭載されるエンジンは2AR-FXE型2.5L直4 118kW。これにプリウスと同様のハイブリッドシステムを組み合わせ、トランスミッションはCVT。グレードは、標準パッケージに、クルーズコントロールなどを装備した「Gパッケージ」や、本革仕様で各装備をグレードアップした「レザーパッケージ」がある。
 
引用元:カーセンサーnet


このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

トヨタ 86
2ドアクーペのスポーツカーである86の車名の由来は、1983年にトヨタ自動車から発売されたカローラレビン、スプリンタートレノに遡る。この2種のスポーツモデル共通の車両型式番号から俗に「ハチロク」と呼ばれるようになったのである。
トヨタ bB
若者を狙ったデザインと装備が話題の2代目bB。まるでDJブースかと思わせるコックピットに、9スピーカーオーディオシステムや、音に連動するイルミネーションなど個性的装備を採用。
トヨタ FJクルーザー
FJクルーザーは2003年に発表されたコンセプトモデルが基本となり、2006年に北米市場向けにリリースされた。個性的なフォルムと本格的なオフロード性能を兼ね備えており、2010年に日本仕様がリリースとなった。
トヨタ iQ
全長2985mmの超小型ボディに4人が乗車できるパッケージを実現したコンパクトモデル。自然界の造形美を生かした線や面を用いた内外装デザインをもつ。
トヨタ ist
istは現在2世代目のモデル。初代は2002年に、ヴィッツの基本コンポーネンツを活用したクロスオーバーモデルとして登場した。
トヨタ RAV4
RAV4は2005年11月、3代目へのモデルチェンジが行われた。全長で190mm、全幅で80mm拡大され、先代よりも一回り大きなボディサイズを採用した。
トヨタ SAI
SAIは2009年、プリウスで培ったハイブリッド(HV)技術にプレミアム性を付加して登場した。プロジェクト発足時は、「新しい時代に合った小さな高級車」というキーワードのみが示されており、プリウスが既に社会に受け入れられていた事からもHVシステムの導入がされた。
トヨタ アイシス
トヨタのアイシスは、左右非対称ボディが特徴的なミニバンで、日本の左側通行に適した設計がなされている。スライドドアと助手席ドアを開ければ、ピラーで遮られることのない広大な開口部が出現する。
トヨタ アクア
アクアはトヨタが持つ高いハイブリッド技術を投入して作り上げたコンパクトカー。37.0km/リッターという世界最高レベルの燃費性能を誇る。
トヨタ アベンシスワゴン
アベンシスワゴンは欧州モデルとして英国で生産されていた車両を輸入する形で、2003年に日本導入となった。当時のTVCMでは、トヨタが作った欧州車というキャッチコピーを打ち出した。
トヨタ アリオン
アリオンは、カリーナの後継車種として2001年に登場した。プレミオとプラットフォーム他多数を共用する姉妹車。5ナンバーサイズながら2,700mmのロングホイールベースにより、広い室内空間を確保している。
トヨタ アルファード
トヨタが開発したフラッグシップミニバンの一つが、アルファード。いわゆるLLクラスミニバンにあたる車種であり、トヨタが誇る最新技術を余すところなく搭載している。
トヨタ アルファードハイブリッド
アルファードハイブリッドは、商用車ハイエースの派生車種であるグランビア・レジアス・グランドハイエース・ツーリングハイエースを統合した本格的フルサイズの高級ミニバンとして、2002年に登場した。
トヨタ ウィッシュ
2003年、スポーティーさを打ち出したミニバンとして初代が登場したウィッシュ。ボディの基本サイズは5ナンバー枠に収まり、全車3列シートで定員は6名/7名。後発の2.0Zグレードは、オーバーフェンダー装着により3ナンバー枠。
トヨタ ヴィッツ
トヨタ社のヴィッツは1999年に発売開始された人気のハッチバック型乗用車である。デザインやメカニック細部、走行性能等に改良を加え、2005年には2代目、2010年には3代目を発売、国内のみならずヨーロッパ等でも人気がある。
トヨタ ヴェルファイア
ラグジュアリーミニバンとして開発されたのがトヨタヴェルファイア。上質なエクステリアやインテリアはもちろんのこと、非常に滑らかなフィーリングを持ちながら、低フリクション化と混合比の調整によって低燃費性能をも高めたV6、3.5Lエンジンがもたらす走行性能は、車体の大きさを感じさせない。
トヨタ ヴェルファイアハイブリッド
ヴェルファイアは、2008年にアルファードの姉妹車として登場したフルサイズ高級ミニバン。力強さをキーワードとしてキャラクターデザインがされており、アルファードの伝統的な高級路線に対して明確な色分けがなされている。
トヨタ ヴォクシー
取り回しの良い5ナンバー最大の室内空間を誇る、トヨタのヴォクシー。兄弟車となるノアと同様に、限られたスペースを最大限に活かす工夫が取り入れられている。
トヨタ エスティマ
天才タマゴ」の愛称の通り、卵型のフォルムが特徴のエスティマ。モデルチェンジ毎に進化し、トヨタが誇るハイブリッドシステムを採用したモデルがラインアップ。
トヨタ エスティマハイブリッド
エスティマの初代モデルは1990年、これまでの商用ベースでのミニバン作りから脱却を図り、専用設計からくる自由度の高い3ナンバーサイズのボディデザインで登場した。
トヨタ オーリス
2006年、カローラランクス・アレックスの後継車種として登場した。2012年にフルモデルチェンジが行われ、これまでの柔らかなボディデザインから一新し、シャープでスポーティーなデザインへと変更された。
トヨタ カローラアクシオ
トヨタのカローラシリーズの10代目にあたるカローラアクシオ。エンジンには、連続可変バルブタイミング機構によるシステムを採用している。
トヨタ カローラフィールダー
時代ごとにトヨタの新しい技術を取り入れ、カローラと共に進化してきたカローラフィールダーは、2013年8月にカローラと共に新たにハイブリッドシステム搭載車が追加でラインナップされた。
トヨタ カローラルミオン
カローラルミオンは2007年、カローラスパシオの後継という位置づけで投入された。両サイドにアンプ内蔵のサブウーハー(計9スピーカー)を埋め込むなど、若い世代をターゲットとした内外装デザインや室内装備となっている。
トヨタ クラウンアスリート
トヨタブランドにおける最高級車の一つが、クラウンアスリートだ。フラッグシップモデルであるクラウンをベースに、より高い走行性能を持つクラウンアスリートは、2.5Lと3.5Lという二つのパワートレインがあるほか、ハイブリッドシステムも選択可能。
トヨタ クラウンセダン
1974年、従来からのセダンに加え、4ドアハードトップモデルが誕生し、これ以降、セダンは独自の方向性を持つ事となる。
トヨタ クラウンマジェスタ
フルモデルチェンジしたクラウンマジェスタ。先代まではV8エンジンを搭載していたがハイブリッド専用モデルとなっている。
トヨタ クラウンロイヤル
永い歴史の中で、クラウンの車種バリエーションが幅広くなってきた中で、クラウンロイヤルは基軸となるグレード。
トヨタ サクシードバン
カローラバンの後継車として、ビジネスカーの革新を目指して作られたビジネスワゴン。ボディ形状は典型的な2BOXで、シンプルな直線的なラインが逆に新鮮といえる。
トヨタ シエンタ
ミニバンと言えば大型サイズが一般的であったにもかかわらず、よりコンパクトなサイズでありながら多人数乗車可能な自動車として開発されたのが、トヨタのシエンタである。
トヨタ スペイド
2012年、2代目ポルテ登場と同時に姉妹車として登場した。女性をイメージしたポルテに対して、スペイドはスポーティーイメージのデザインを採用している。
トヨタ センチュリー
1967年、「クラウンエイトからさらに一歩進めて、世界の豪華車に匹敵するプレステージサルーンを目標にしたセンチュリーは、まったく新しい設計から誕生」した。
トヨタ タウンエーストラック
ダイハツと共同で企画、開発と生産をダイハツが行った商用モデル。1.5Lエンジンを前席下へ、タイヤをより四隅に配置して、ショートノーズでスクエアなスタイルに。
トヨタ タウンエースバン
タウンエースバンの初代モデルは1976年に登場した。カローラをベースとして開発され、ライトエースとは姉妹車の関係。
トヨタ ノア
手軽な価格で購入できるミニバンとして、ファミリー層を意識して開発されたトヨタのノア。兄弟車であるヴォクシーと同様、高い人気の要因となっているのが、室内空間である。
トヨタ ハイエース
ハイエースはトヨタが開発したワンボックスカーで、車内スペースの広さと燃費の良さが最大の特徴。後部座席は取り外しが可能で、多くの荷物を搭載することが可能になっている。
トヨタ ハイエースコミューター
ハイエースのスーパーロング・ワイドボディ・ハイルーフ仕様に、前から2(3)/2/3/3/4名掛けシートを配置した14人または、15人乗りモデル。
トヨタ ハイエースバン
1967年に登場した小型トラックのバリエーション展開として、ハイエースバンが投入された。以来、ビジネスユースの需要に応じながら40年以上にわたってモデルチェンジを重ね、現在は4世代目のモデルとなる。
トヨタ パッソ
2004年、ダイハツとの共同開発によって登場したコンパクトカーのパッソ。現行モデルは、2010年に登場。全長を45mm伸ばした以外は初代と同一サイズとした。
トヨタ ハリアー
高級志向のSUV車として登場したトヨタのハリアーは、オンロード、オフロードで高い走破性能を持った車としてトヨタ車の中でも注目度が高い。
トヨタ ピクシスエポック
ピクシス スペース、ピクシス バン/トラックに続く、トヨタ第3の軽自動車。他シリーズ同様に、ダイハツからのOEM車で、本モデルはダイハツ ミライースがベースとなる。
トヨタ ピクシススペース
トヨタとダイハツとの間で合意した軽自動車OEM供給の第一弾となるモデルが、ピクシス スペースとなる。トヨタにとっては初の軽自動車モデルとなる。
トヨタ ピクシストラック
ベースとなっているのはハイゼットトラックである。ちなみに、2000年から2003年までは同じS200系の派生車ダイハツ・アトレー7をトヨタ・スパーキーとしてOEM供給していたが、およそ8年3か月ぶりにS200系の車両をOEM供給することになる。
トヨタ ピクシスバン
トヨタの軽自動車第2弾は、ハイゼットベースの商用車。2011年9月にデビューしたピクシス スペースに続く、トヨタの軽自動車第2弾。
トヨタ プリウス
ハイブリッドカーを世に広めた「トヨタ」。そのトヨタの世界初の量産ハイブリッドカーがプリウスだ。内装はボディカラーに合わせて落ち着いた色合いでまとめている。
トヨタ プリウスPHV
2009年、3世代目プリウスの1モデルとしてラインアップされたのが、プリウスPHV(プラグインハイブリッドカー)。基本モデルのプリウスに、外部電源からの充電および、100V1500Wの家庭用電源の取り出し(2012年以降)もする事を可能にしたもの。
トヨタ プリウスα
トヨタのプリウスαとは、ゆとりのあるスペースと環境に優しい低燃費を両立した、新たな段階のハイブリッド車である。
トヨタ プレミオ
コロナの後継車種として2001年にプレミオは登場した。アリオンとプラットフォーム他多数を共用する姉妹車。
トヨタ プロボックスバン
カローラバンの後継車として、ビジネスカーの革新を目指して作られたビジネスワゴン。ボディ形状は典型的な2BOXで、直線的なラインを多用している。
トヨタ ポルテ
ポルテは2004年、ヴィッツをベースとして発売された。ボディ形状としては3ドアHBではあるが、全高の高さとスライドドアにより通常の3ドアHBでは考えられない乗降性を実現した。
トヨタ マークX
2004年、マーク2後継車種としてマークXは登場した。これまでのマーク2シリーズとはイメージを異にする曲面を多用したデザインとV6エンジンの採用が特徴。
トヨタ ライトエーストラック
ダイハツと共同で企画、開発と生産をダイハツが行った商用モデル。1.5Lエンジンを前席下へ、タイヤをより四隅に配置して、ショートノーズでスクエアなスタイルに。
トヨタ ライトエースバン
ダイハツと共同で企画、開発と生産をダイハツが行う商用モデル。1.5Lエンジンを前席下へ、タイヤをより四隅に配置して、ショートノーズでスクエアなスタイルに。
トヨタ ラクティス
トヨタのラクティスは、コンパクトで走りやすい車をコンセプトしにした車である。直列4気筒のエンジンを採用し、低燃費を実現するSuperCVT-iの機構を備えているため、省エネによる高い環境性能を持っている。
トヨタ ラッシュ
ダイハツからOEM供給されていたキャミ(ダイハツ名はテリオス)の後継車で、ボディサイズを拡大することで、居住空間と荷室が広くなった。
トヨタ ランドクルーザー70
ランドクルーザーの歴史は非常に長く、初代は1951年に登場した。ランドクルーザー70はランドクルーザーの4代目として、1984年に登場した。
トヨタ ランドクルーザー70ピックアップ
5人乗りのダブルキャブ仕様となるピックアップトラックボディーは、これまで海外市場ではラインアップに設定されていたものの、日本国内で販売されるのは今回が初めてとなる。
トヨタ ランドクルーザー200
オンロード性能は当然のこと、徹底した悪路走破性能をも両立するオフローダーとして君臨するのが、トヨタのランドクルーザー200。
トヨタ ランドクルーザープラド
150系ランドクルーザープラドは、トヨタが製造及び販売を行なっているSUVである。山道や荒地での走行を想定して作られているので、150系ランドクルーザープラドはトヨタが製造しているSUVの中でも特にオフロードに強い自動車に仕上がっている。
トヨタ レジアスエース
ハイエースの兄弟モデルで4ナンバーサイズのビジネスバン。次世代の商用車として基準を見直し、広い室内空間と高い衝突安全性をもつボディが与えられた。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 車の売り方 基礎知識 高く売るには サイトマップ

先頭へ戻る