事故車も旧車も故障車も、買いたい人はきっといます。まずは一括査定で愛車の価値を知りましょう。

急いで手放す前に見る「損せず得する車買取り査定の知識とコツ」

日産 セドリックセダン

 

セドリックセダン
< 主要スペック >
メーカー 車名 タイプ 燃費
日産 セドリックセダン 4ドアセダン 10.0km/L(JC10モード)
全長 全幅 全高 エコカー減税
4,690mm 1,695mm 1,445mm 減税不適合
室内長 室内幅 室内高 排気量
1,915mm 1,420〜1,455mm 1,180mm 2,000cc
新車価格帯 中古車相場価格帯
234〜284万円 60〜220万円

 

セドリックセダンとは、日産自動車が製造するセダンである。ハードトップが一般向けなのに対しこちらはおもに法人向けでタクシー、パトカー、ハイヤー、社用車、公用車などへの使用が多くなっている。この車には大きく分けて自家用と営業車(タクシー仕様)の二つに分かれる。


このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

日産 AD
ウイングロードをベースに、見映えよりもコストパフォーマンスを追求したビジネスユース向けバン。ライバルはトヨタプロボックスやホンダパートナー(エアウェイブベース)。
日産 ADエキスパート
ビジネスユースを考えて、ベースとなったウイングロードの荷室を低床化し、ホイールハウスの車内側への張り出しを少なくすることで積載量を大幅に拡大したモデル。
日産 e-NV200
「e-NV200」は、世界で最も多く販売されている電気自動車「日産リーフ」に続き、同社がグローバルに販売する2車種目の量産型電気自動車で、初の商用車です。
日産 e-NV200バン
「e-NV200」は、多目的商用バン「NV200バネット」をベースに、e-パワートレインを組み合わせることで、「NV200」の室内の広さや多用途性と、EVならではの加速性と静粛性を兼ね備えたモデルです。
日産 GT-R
GT-Rは日産が製造販売しているスポーツカーである。スカイラインGT-Rの実質的後継車種であり、同社のスポーツカーの代名詞的存在で、日本国内にとどまらず海外でも評価が高い。
日産 NT100クリッパー
フラットな荷台床面とフロア長2030mmを実現した軽トラック。荷台床面が低く設定され、荷物の積み降ろしの作業性も向上している。
日産 NV100クリッパー
NV100クリッパー (NV100 CLIPPER、エヌブイ100 クリッパー) は、日産自動車が販売しているセミキャブオーバー型軽ライトバン。初代は三菱自動車工業から、2代目はスズキからそれぞれOEM供給を受ける車種である。
日産 NV100クリッパーリオ
2代目「NV100クリッパー」の乗用モデルとして復活したセミキャブオーバー型軽ワンボックスカー。スズキ・エブリイワゴンのOEM車種。
日産 NV200バネット
NV200バネットは2009年、バネットの後継車種として登場した。車種構成はバンとワゴン。コンパクトなボディながらスクエアなデザインを採用しており、ボディサイズはL:4,400mm、W:1,695mm、H:1,850mmの5ナンバー枠。
日産 NV200バネットバン
ビジネスだけでなくデイリーユースやレジャーなど、様々なシーンで幅広く使える小型商用車として登場したNV200バネットバン。5人乗り(2列シート)だけでなく2人乗り(1列シート)も設定されるなど、広く大きな荷室が実現されている。
日産 NV350キャラバン
NV350キャラバンは、1973年に初代モデルが登場し、現行モデルで5世代目となる。現行モデルは2012年に登場した。
日産 NV350キャラバンマイクロバス
2012年6月のデビューから約半年を経て登場したワイドボディ版NV350キャラバン。標準仕様のスーパーロングボディをベースに、ワイドボディならではの迫力あるデザインを採用。
日産 NV350キャラバンワゴン
日産のフラッグシップバンモデルであるキャラバンが、新たにNV350の別名を掲げ11年ぶりに5代目へと進化。
日産 ウイングロード
1996年、サニーカリフォルニア/ADバンの後継車種としてウイングロードは登場した。現行モデルは2005年に登場した3世代目となる。
日産 エクストレイル
「継承と進化」をキーワードに日産が新たにしたエクストレイル。シート、フロア、ラゲッジルームの防水仕様・ALL MODE 4×4-iの4WDシステムはそのままに、運転ストレスの軽減を目的として、ブレーキ操作の負担を減らすアクティブエンジンブレーキや、悪路での乗り心地を保つためのアクティブブレーキコントロールといった世界初の新技術が搭載された。「ぶつからない車」を目指し、踏み間違い防止アシスト、LDW(車線逸脱警報)を搭載。そのほかエマージェンシーブレーキ、進入禁止標識検知などの日産では初めての機能も織り込まれた車だ。また、バックドアへのハンズフリー機能を搭載するなど従来型のエクストレイルよりも使い勝手が向上している。
日産 エルグランド
ミニバンという新たな車種の知名度を大きく広げる役目を担ったのが、この日産エルグランドである。モデルチェンジをするたびに時代を反映した快適性が追加されており、時代とともに進化する一台。
日産 キューブ
日産自動車のキューブは、その名の示す通り個性的な四角い形をした箱形のミニバンである。初代は1998年に発売され、現在はより使い勝手と広い空間を重視した3代目が発売されている。
日産 ジューク
1日産のジュークは、コンパクトなスポーツタイプの車である。エンジンには、1.5Lの直列4気筒DOHCエンジンを用い、エクストロニックCVTと接続している。
日産 シルフィ
2000年、サニーのプラットフォームをベースとして登場したシルフィ。質感を重視した作りをコンセプトとした。ボディデザインは曲面を多用し、メッキパーツなどの使用できらびやかなもの。
日産 スカイライン
高級感あふれるデザインで人気がある日産の新型スカイライン。日産独自のハイブリッドシステムは、1つのモーターで発電と走行を担い、高性能のリチウムイオンバッテリーを用いることで、クラストップレベルの環境性能を実現している。
日産 スカイラインクーペ
2001年に発売されたV35型スカイラインのクーペ版として、2003年に登場。これまでのスカイラインクーペと異質なのは、デザインがクーペ専用となり、共用ボディパネルがない。現行モデルは2世代目となり、2007年に登場した。
日産 スカイラインクロスオーバー
スカイラインクロスオーバーは2009年、先行して登場していたV36型スカイラインの派生モデルとして登場した、スポーツ性とユーティリティ性を兼ね備えたモデル。「クーペとSUV」の融合をうたったモデルである。
日産 セレナ
日産セレナは、ミニバンの中でもトップクラスの販売台数を誇る人気車種である。2010年に販売された4代目は、3代目のデザインを継承しつつ、より洗練されたデザインに仕上がっている。室内も従来より広くなったばかりか、視界も開放的になった。
日産 ティアナ
2003年、セフィーロとローレルの後継モデルの位置づけで初代ティアナが登場。モダンリビングというキーワードでセフィーロより豪華に、ローレルよりも広い室内デザインを行っていた。現行モデルは2014年登場で、モダンリビングを進化させている。
日産 デイズ
日産デイズは日産が製造・販売する軽自動車である。いわゆる軽トールワゴン車に分類される車種で街乗りを主な用途として想定して開発された車になっている。環境性能や燃費といった部分で様々な技術が使われておりこれにより大幅な燃費向上がなされている。
日産 デイズルークス
デイズルークスは日産のスーパーハイトワゴンで、デイズシリーズの第2弾でもある。軽とは思えないほどの室内空間で、中は見た目以上に広々としており、助手席にはシートバックテーブルを搭載している。
日産 ノート
日産自動車が販売する省エネ型ハッチバック乗用車が、日産ノートである。定員乗車は5名で、プラットフォームを同じく日産のマーチと共用していることから、コンパクトでありながらも十分な室内空間が確保されている。
日産 バネット
1978年に、サニー/チェリートラックの系譜を引く車種として登場。トラック・バン・コーチの3種の構成だった。1985年、2世代目へとフルモデルチェンジが行われ、ここから「バネットセレナ」「バネットラルゴ」という派生ミニバンが誕生して行った。
日産 バネットトラック
1978年に、サニー/チェリートラックの系譜を引く車種として登場。1994年と1999年にマツダのマツダでの生産・供給を受ける形でフルモデルチェンジが行われ、現行モデルは4代目となる。
日産 フーガ
2004年、日産の上級セダンセドリック/グロリアの後継車種としてフーガは登場した。海外向け高級車ブランドインフィニティにおいても販売されるモデル。2009年にフルモデルチェンジが行われ、抑揚の効いたデザインになった。
日産 フーガハイブリッド
フーガハイブリッドは、2010年にフーガの追加モデルとして登場した。ベースモデルのフーガには搭載されていないVQ35HR型3.5L V6 225kWエンジンを採用している。トランスミッションは7ATを搭載し、JC08モードで燃費は18.0km/L。
日産 フェアレディZ
日産のフェアレディZは、世界を代表するスポーツカーである。その高い走行性能と先進的なデザインは、世界中の人々から人気を得る要因になった。1969年に登場した時代から現在に至るまで、スポーツカーの代表的な車として高い存在感を持つ。
日産 マーチ
日産は「人と車の共生」を目指し、それを体現しているのがマーチである。日産は優秀な環境技術をもつエンジン搭載車、PURE DRIVEの名称を冠している。マーチはアイドリングストップ搭載。クラストップレベル1のPURE DRIVEである。
日産 ムラーノ
2004年に投入。ベースプラットフォームはティアナと共用したスポーツSUVのムラーノ。2008年にはモダンアートデザインというコンセプトでフルモデルチェンジが行われた。
日産 モコ
2002年、軽自動車を持たない日産が、スズキでの生産・供給を受けてモコが登場した。基本的にはスズキMRワゴンと同一。コラムシフトと足踏み式パーキングブレーキの採用で、運転席助手席間のウォークスルーを可能にしている。
日産 ラティオ
マーチをベースとする5ナンバーサイズのコンパクトセダン。タイ産の逆輸入車。水平基調のサイドビューや、大きなヘッドランプやグリルを用いたフロントスタイルなど、フォーマルなフォルムを採用している。
日産 ラフェスタハイウェイスター
2011年、マツダによる生産・供給を受ける形で、ラフェスタハイウェイスターのみフルモデルチェンジが行われ、2世代目となった。ボディサイズはL:4,615mm、W:1,750mm、H:1,615mmの3ナンバー枠。
日産 リーフ
リーフは日産から販売されている100パーセント電気自動車である。夜間に充電した場合、1回約300円と非常に経済的で、JC08モードでの航続距離としては200kmを超えている。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 車の売り方 基礎知識 高く売るには サイトマップ

先頭へ戻る