事故車も旧車も故障車も、買いたい人はきっといます。まずは一括査定で愛車の価値を知りましょう。

急いで手放す前に見る「損せず得する車買取り査定の知識とコツ」

ホンダ アクティバン

 

アクティバン
< 主要スペック >
メーカー 車名 タイプ 燃費
ホンダ アクティバン 4ドア軽自動車 15.4〜17.2m/L
全長 全幅 全高 エコカー減税
3,395mm 1,475mm 1,880mm 減税不適合
室内長 室内幅 室内高 排気量
---mm ---mm ---mm 660cc
新車価格帯 中古車相場価格帯
111〜135万円 30〜158万円

 

高い安全性と操縦安定性を両立
衝突安全性を飛躍的に高めた、フロントに短いノーズをもつ新しいボディが採用された。前輪を可能な限り前方に置き、エンジンを前後車軸間に搭載するミッドシップリアドライブ方式により広い室内と安定感ある走行性能を実現。シートアレンジ次第で6畳相当のカーペット積載をも可能にしている。エンジンは46psを発生する直3のSOHC12バルブ。メカ関係では路面状況に応じて自動的に切り替わるリアルタイム4WD、乗り心地と操縦安定性に優れるド・ディオン式リアサスペンションを採用。全車に運転席エアバッグが標準のほか、ABS&ブレーキアシストもオプション設定する。

 

引用元:カーセンサーnet


このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

ホンダ CR-V
CR-Vは1995年、クリエイティブ・ムーバーというキーワードで登場したシティユースSUV。以後4世代にわたり継続しているモデル。現行モデルは2011年に登場し、代を追うごとにプレミアム性を高めてきた。
ホンダ CR-Z
2010年、俊敏で爽快な走りとすぐれた燃費性能の融合をコンセプトとしてCR-Zは登場した。ボディサイズはL:4,075mm、W:1,740mm、H:1,395mmというコンパクトなサイズに、LEA-MF6型1.5L直4 88kWエンジンとハイブリッドシステムを搭載し、フロントを駆動する。
ホンダ N-BOX
ホンダN-BOX(Nボックス)は、軽自動車規格の中で、最大限に室内スペースを確保することにこだわり、天井も高く、軽自動車の概念を超える広々とした室内空間を誇っている。
ホンダ N-BOX+
2011年、新たなハイトールワゴンとして登場したN-BOXの荷室ユーティリティを、さらに高めたのがN-BOX+。具体的には、リアハッチ開口部の床面アプローチの高さを、N-BOXより15cmくらい低くしてある。
ホンダ N-ONE
N-ONEとはホンダが販売している軽自動車の事である。ホンダN-ONEのエクステリアは、親しみのあるフロントフェイスのデザインで、台形型のボディーラインは空気抵抗を考えて設計されており、安定性を重視しタイヤをなるべく車体の端に設置するなど、乗る人の事を考えてデザインされている。
ホンダ N-WGN
N-WGNは、ホンダがリリースしているNシリーズの系譜の軽自動車である。ボディには軽量化と高剛化を施し、さらに専用のサスペンションを装備したことから、安定した走行性や走行中の静粛性を可能にした。
ホンダ アクティトラック
10年ぶりのフルモデルチェンジが果たされた。荷台下にエンジンを置くエンジンレイアウトは同じだが、フロントホイールの位置をバンパー直後から、乗員席下に移動するなど基本的なパッケージレイアウトが見直された。
ホンダ アコードハイブリッド
ホンダのアコードハイブリッドは、ハイブリッド機構を動力に備えた上級クラスのセダンである。ハイブリッドシステムであるSPORT HYBRID i-MMDを採用し、エンジンドライブとモータードライブの状況に合わせたスムーズな切り替えにより、軽自動車並みの低い燃費を実現している。
ホンダ アコードプラグインハイブリッド
ホンダのアコードプラグインハイブリッドは2012年にアコードハイブリッドと共に登場した。ハイブリッドシステムであるSPORT HYBRID i-MMDを、大容量のリチウムイオンバッテリーを組み合わせたプラグインハイブリッドシステムを採用。
ホンダ ヴェゼル
ホンダのヴェゼルの登場は2013年。3代目フィットをベースにしたコンパクトSUV。ヴェゼルは「SUVの枠に収まらない」というコンセプトの元に作られたため、ベースこそフィットを使用しているが、ホイールベースはフィットより80mmも長くされるなど、両モデルの共用部分は3割程度しかない。
ホンダ オデッセイ
オデッセイはホンダが生産しているミニバンタイプの乗用車である。5代目ホンダオデッセイは運転フロアの骨格構造の改良と燃料タンクの薄型化が施されて、セカンドシートのステップ位置を低くする事に成功しているので、乗り降りが楽に行なえるようになっている。
ホンダ ステップワゴン
ステップワゴンは、ホンダが製造を行なっているミニバンタイプの自動車である。5代目のホンダのステップワゴンは、高齢者や子供も楽に乗り降りできるように低床デザインになっている。
ホンダ バモス
1970年、初代バモスはユニークな形状のトラックとしてデビューし、1973年には生産を終了した。2世代目のバモスは、1999年にワンボックススタイルで登場した。名称こそバモスと名乗ってはいるものの、実質的にはアクティの後継車となる。
ホンダ バモスホビオ
広大な室内空間をもつ軽ワゴン、バモスの全高を105mm高くハイルーフ化したモデル。一段と広くなった室内空間は自分流のカスタマイズができるように、ナットやフックをラゲージスペース内側の側面に標準装備する。
ホンダ バモスホビオバン
本田宗一郎が1948年に設立したホンダは、チャレンジスピリッツあふれる独自の技術で多くのファンを惹きつけています。
ホンダ フィット
ホンダが販売するフィットは、コンパクトな5ドアハッチバックタイプの自動車である。初代は2001年から販売が開始され、販売当初から予想を上回る販売台数を誇っており、近年の自動車人気ランキングや販売台数ランキングを見ても、普通乗用車としては常にトップクラスに位置している。
ホンダ フィットシャトル
2011年、フィットのステーションワゴンとして投入されたフィットシャトル。実質的にはエアウェイブの後継車種という位置づけになる。ボディサイズはL:4385mm、W:1695mm、H:1540mmで、フィットよりも430mmも長いボディとなる。
ホンダ フィットシャトルハイブリッド
2011年、フィットシャトルハイブリッドは登場した。ホンダ流の「ワゴンスタイルのコンパクトカー」である。ハイブリッドシステムに組み合わせるエンジンはLDA-MF6型1.3L直4 65kWとなる。駆動方式はFFのみ。
ホンダ フリード
フリードはホンダが開発した小型乗用車で、車内の居住性を重視したデザインのミニバンである。3列シート仕様と2列シート仕様の二種類が存在し、いずれも車内スペースの広さから生じる居住性の高さと、足回りの良さに裏打ちされた運転のし易さが大きな特徴になっている。
ホンダ フリードハイブリッド
2011年、フリードの追加モデルとしてフリードハイブリッド登場。搭載されるエンジンはLEA-MF6型1.5L直4 65kWとなる。CVTとの組み合わせで、JC08モード21.6km/Lの燃費性能。ミニバンの大きさで5.2mの最小回転半径を持ち、小回りのきくコンパクトボディが魅力。
ホンダ フリードスパイク
2010年、3列シートのフリードに対し、2列シート化とシートアレンジによるユーティリティ性を持たせたモデルとしてフリードスパイクが追加投入された。ボディサイズ4.210mとコンパクトなサイズで、最小半径も5.2mと小回りがきくようになっている。
ホンダ フリードスパイクハイブリッド
2011年、フリードスパイクの追加モデルとしてフリードスパイクハイブリッドが登場。搭載されるエンジンはフリードハイブリッドと同じくLEA-MF6型1.5L直4 65kWとなる。CVTとの組み合わせで、JC08モード21.6km/Lの燃費性能。駆動方式はFFのみとなる。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 車の売り方 基礎知識 高く売るには サイトマップ

先頭へ戻る