事故車も旧車も故障車も、買いたい人はきっといます。まずは一括査定で愛車の価値を知りましょう。

急いで手放す前に見る「損せず得する車買取り査定の知識とコツ」

マツダ アテンザ

 

アテンザ
< 主要スペック >
メーカー 車名 タイプ 燃費
マツダ アテンザ セダン 16.0〜22.4km/L
全長 全幅 全高 エコカー減税
4865mm 1840mm 1450mm 免税
室内長 室内幅 室内高 排気量
1960mm 1550mm 1170mm 1997〜2488cc
新車価格帯 中古車相場価格帯
276万〜397万円 120万〜300万円

 

マツダの新たなミドルクラスセダンとして登場したのがアテンザ。他社の同サイズセダンと比べ、より若々しく精悍なマツダらしいデザインを持つ事から、瞬く間に人気となった一台である。国内だけでなく、欧州などでも高い人気を誇っている。アテンザに搭載されるパワートレインが、スカイアクティブである。経由を用い高いトルク性能を誇る2.2Lディーゼルエンジンをはじめ、安定の低燃費を誇る2.0Lタイプのほか、より高い加速性能を実現する2.5Lエンジンも採用された。ガソリンエンジンは共に直噴タイプとなっており、低燃費も実現する。また、運転するドライバーと車との一体感を重視したコクピット感覚のインテリアデザインも健在だ。
 
引用元:カーセンサーnet


このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

マツダ CX-5
2012年、クロスオーバーSUVとしてCX-5を投入。スカイアクティブテクノロジーと呼ばれる、エンジン・駆動系・車体の開発時期を同一にし、誤差を最小にする事でカタログ数値通りの性能を発揮するというものが全面採用されている。
マツダ MPV
MPVは、1988年、アメリカ市場に投入され好評を得、1990年に日本投入されたミニバン。ルーチェのプラットフォームを共用したFRレイアウトで、3列シートを備える。1999年、2世代目へフルモデルチェンジが行われ、駆動方式をFFに改めた。
マツダ アクセラ
マツダのスポーツコンパクトであるアクセラは、2013年11月モデル以降で、全グレードでアイドリングストップ機構を搭載した。初のハイブリッドグレードも設定し、全モデルでリッター19kmの低燃費を達成、環境性能を向上させている。
マツダ アクセラスポーツ
カジュアルでスポーティな性能を持つマツダアクセラの2BOXタイプとなるのがマツダアクセラスポーツである。アクセラと比べ、スポーティで精悍なイメージを加味しただけでなく、アクセラスポーツ専用に搭載されたスカイアクティブテクノロジーを採用したパワートレインも選択可能だ。
マツダ アテンザワゴン
2002年、プラットフォーム・エンジンなど、車両のほぼ全てを新開発した車両としてアテンザワゴンは登場した。
マツダ キャロル
1962年に初代キャロルが登場し、途中に空白期間を挟みながら6世代にわたり継続している。1989年の2代目からはスズキアルトとの関係性が強くなる。2世代目はアルトをベースとして内外装デザインをマツダで行ったもの。
マツダ スクラム
スクラム(SCRUM )はマツダが販売する軽自動車規格のキャブオーバー型の、5ナンバー登録の乗用車と4ナンバー登録の商用バンおよびトラックである。かつてはオートザムブランドだった。
マツダ スクラムトラック
OEM元のスズキ キャリイのフルモデルチェンジを受けて14年ぶりに登場した4代目。扱いやすいエンジン、広い荷台、頑丈な車体や使いやすさはそのままに、車体のレイアウトが見直され、居住空間が拡大されている。
マツダ スクラムワゴン
スタイリッシュで、ボクシーなエクステリア。おとな4人がゆったり座れて、荷物もたくさん積める、ひろびろ室内。そして、使いやすくて便利な充実の装備。趣味やレジャー、さまざまなシーンでいろいろな「愉しい」を積み込める
マツダ デミオ
1996年に初代が誕生して以後、マツダのコンパクト車を象徴する人気車種となったのが、マツダデミオである。非常にコンパクトで洗練されたフォルムを持ちながらも、その外観に負けない安定した走りを実現するコンパクトカーとして人気を集めてきた。
マツダ ビアンテ
個性的な外観と広く快適な室内をもつ、マツダとしては久々となる箱型のミドルクラスミニバン。エクステリアは新デザインテーマ“流れ”を表現したという、フロントからリアへ連続した造形。鋭いヘッドライトから三角窓に続くデザインも特徴的だ。
マツダ ファミリアバン
先代と同じく、2006(H18)年12月にモデルチェンジした、日産ADのOEM供給モデル。トピックはビジネスユースを前提に、装備内容を完全な営業車仕様としたこと。
マツダ フレア
AZ-ワゴンの後継に当たる軽トールワゴン。大人4人が快適に過ごせる広い室内空間が実現されている。
マツダ フレアクロスオーバー
軽ワゴン並みの室内空間の広さと使いやすさ、優れた燃費性能に加え、おしゃれな外観や個性的なデザインを併せ持つ軽SUV。スズキ ハスラーのOEMモデルにあたる。
マツダ フレアワゴン
マツダの軽トールワゴンであるフレアワゴンの2代目。スズキ スペーシアをベースとしている。背高ボディと2425mmのロングホイールベースにより広い室内スペースを実現している。
マツダ プレマシー
マツダプレマシーは、ファミリーユースを意識したミニバンタイプの車である。コンパクトで扱いやすく、かつ車内空間に余裕を持たせた造りになっている。マツダプレマシーの特徴は、シート運用の柔軟性である。
マツダ ベリーサ
2代目デミオのプラットフォームを利用して作られた5人乗りコンパクトカー。デミオ譲りの高い運動性能に加えて、上質感あふれる内外装や優れた静粛性が特徴だ。
マツダ ボンゴトラック
扱いやすい5ナンバーサイズのキャブオーバートラック。2470mmの荷長をもつ標準ボディのほか、2735mmのロングボディ車も用意される。
マツダ ボンゴバン
扱いやすい5ナンバーサイズの1BOX車。ボディは標準/ハイルーフが用意され、スライドドアは片側/両側、ラゲージにウインドウがないルートバンタイプなどバリエーションが豊富。
マツダ ロードスター
オート3輪から自動車生産をはじめたマツダは1960年に乗用車市場に参入しました。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 車の売り方 基礎知識 高く売るには サイトマップ

先頭へ戻る