事故車も旧車も故障車も、買いたい人はきっといます。まずは一括査定で愛車の価値を知りましょう。

急いで手放す前に見る「損せず得する車買取り査定の知識とコツ」

 

BRZ
< 主要スペック >
メーカー 車名 タイプ 燃費
スバル BRZ スポーツカー 12.4〜13.4km/L
全長 全幅 全高 エコカー減税
4240mm 1775mm 1315〜1320mm
室内長 室内幅 室内高 排気量
1615mm 1480mm 1060mm 1996cc
新車価格帯 中古車相場価格帯
213万〜298万円 180万〜260万円

 

スバルのBRZは、スポーツカーの持つドライビングプレジャーを純粋に楽しむことができる、FRスポーツである。スポーツドライビングに最適と言われる後輪駆動を採用し、胸のすくようなハンドリングを実現している。また、自然吸気ながらも高出力を実現したエンジンはフィーリングも良好で、わずかなアクセル開度の変化にも俊敏に反応する。室内もドライビングを重視したつくりになっており、専用のスポーツシートはホールド性も抜群で速度を上げたコーナリング時もステアリングに意識を安心して集中できるものとなっている。エクステリアも精悍そのものであり、スバルBRZは、まさにスポーツカーという車である。
 
引用元:カーセンサー


このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

スバル WRX
2014年にインプレッサから独立した車種として投入されたAWDスポーティセダン、WRX。モデル内容はより幅広いターゲットに向けた「WRX S4」と、スポーツ性能を追求した「WRX STI」の2系統に分かれている。
スバル インプレッサG4
1992年に初代モデルが登場。以降4世代にわたり継続している。ボディ構成は2ドアクーペ、セダン、ワゴンの3種だった。4世代目に当たる現行モデルは2011年に登場し、ボディタイプによってサブネームが付けられた。
スバル インプレッサXV
スバルのインプレッサXVは、デザインの良さに加えて、SUVの力強い走りを両立させることをコンセプトとした車である。初代では、エンジンに1.5Lと2Lのグレードの違いや、駆動方式もFFとフルタイム4WDが混在していた。
スバル インプレッサスポーツ
ミドルクラスハッチバックでありながらも、スバル独自の高性能BOXERエンジンの走りを堪能することができるスポーツワゴンが、インプレッサスポーツだ。その精悍でワイルドなルックスを持ちながらも優れた加速性能を実現する。
スバル エクシーガ
ミニバン人気を獲得するだけでなく、高い安全性能と走行性能を獲得することができる自動車として誕生したのが、スバルエクシーガである。そ2008年までミニバンモデルを取り扱っていなかったスバルが、満を持して誕生させたミニバンモデルであるこのエクシーガには、レガシィなどで培われた技術が余すところなく搭載されている。
スバル サンバー
軽商用車として求められる性能である「広い荷室・荷台」「快適キャビン」「進化した走りと燃費」を追求した仕事のプロのためのモデルが、サンバーバンおよびトラック。スバル独自開発だった従来型から提携するダイハツ工業からのOEM供給モデルとなった。
スバル サンバーオープンデッキ
サンバーシリーズに追加された4人乗りオープンデッキ。サンバーバンをベースに4シーターでありながら、トラックの荷台のようなオープンデッキを組み合わせたモデル。
スバル サンバートラック
サンバー(Sambar )は、スバルブランドを展開する富士重工業が販売する軽商用車である。なお2012年(平成24年)4月1日まで販売されていた6代目モデルまでは同社が自社開発、および自社生産を行っていたが、7代目以降からはダイハツ・ハイゼットのOEMとなり、ダイハツ工業が生産している。
スバル ステラ
ステラ(STELLA)は、スバルブランドを展開する富士重工業が製造(初代モデルのみ)・販売する軽トールワゴンである。
スバル ディアスワゴン
軽キャブオーバーワゴンのサンバーディアスが装いも新たにディアスワゴンとして登場した。スバルが軽自動車開発から撤退したこともあり、本モデルはダイハツ アトレーワゴンのOEM車となる。背の高い箱型ボディにより広大な室内空間を実現した。
スバル トレジア
コンパクトカーに、スバルらしいワゴンテイストを与えたツーリングコンパクト。ベースはトヨタラクティスで、ベース車同様のゆとりある上質な室内空間と、扱いやすいユーティリティ性能が実現された。
スバル フォレスター
その高い悪路走破性能が評価され、世界的な人気と知名度を獲得しているのが、スバルフォレスターだ。抜群の悪路走破性能を実現するスバル独自のフルオート4WDシステムが搭載されている。
スバル プレオ
ダイハツ ミラのOEM車。従来型のハイト系ボディから一転、全高1530mmのハッチバックボディへと変貌を遂げた。
スバル プレオプラス
軽自動車に求められる優れた機能性と経済性を備えたエコカーとしてスバルが送り出したセダンタイプの軽自動車。ダイハツ ミライースのOEM車に当たる。
スバル ルクラ
ルクラ(LUCRA)は、ダイハツ工業が製造(生産はダイハツ九州第2工場)し、スバルブランドを展開する富士重工業が販売する軽トールワゴン(軽スーパーハイトワゴン)である。ダイハツ・タントエグゼ(タントエグゼカスタム含む、以下「エグゼ」)のOEM供給車にあたる。現在は在庫のみの販売。
スバル レヴォーグ
2014年、レガシィツーリングワゴンを引き継ぐ形で投入された、日本専用車種であるレヴォーグ。インプレッサのコンポーネンツを共用する。
スバル レガシィB4
レガシィ(LEGACY )は、スバルブランドを展開する富士重工業が生産する乗用車。同社の看板車種であると共に、アルシオーネSVXの販売終了以降はスバルの旗艦車種となった。
スバル レガシィアウトバック
レガシィ アウトバック(LEGACY OUTBACK )は、スバルのレガシィシリーズ。レガシィ・ツーリングワゴンをベースに最低地上高を200mmにしたステーションワゴンとSUVの中間の自動車(クロスオーバーSUV)である。なお、本稿では、先代のレガシィグランドワゴン/レガシィランカスターも取り扱う。
スバル レガシィツーリングワゴン
今やステーションワゴンの代名詞として日本国内で高い人気を誇るレガシィツーリングワゴンは、スバルの特徴とも言えるAWDシステムを搭載。どんな悪路でも余裕で走り抜ける高い走破性と、ワゴンとしての機能性を両立させている。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 車の売り方 基礎知識 高く売るには サイトマップ

先頭へ戻る