事故車も旧車も故障車も、買いたい人はきっといます。まずは一括査定で愛車の価値を知りましょう。

急いで手放す前に見る「損せず得する車買取り査定の知識とコツ」

三菱 ランサーエボリューション

 

ランサーエボリューション
< 主要スペック >
メーカー 車名 タイプ 燃費
三菱 ランサーエボリューション スポーツカー 10.2〜10.6km/L
全長 全幅 全高 エコカー減税
4495mm 1810mm 1480mm
室内長 室内幅 室内高 排気量
2030mm 1470mm 1190mm 1198cc
新車価格帯 中古車相場価格帯
325万〜541万円 240万〜450万円

 

1973年から続く小型セダンモデルのランサーに、スポーツ性に特化したグレードとして1992年に投入されたのが初代で、通称「エボ1」。以降4世代にわたり継続された。最終モデルは2007年に投入された(通称エボX)。車両運動制御システムの「S-AWC」などを搭載し、高い次元の走りを実現。ボディサイズはL:4,495mm、W:1,810mm、H:1,480mm。搭載されるエンジンは4B11型2.0L直4 221kW。駆動方式はフルタイム4WDで、組み合わされるトランスミッションは、5MTか、6速ツインクラッチSST。2014年3月、三菱がオフィシャルコメントとして「ランサーエボリューションの生産終了」を発表(北米市場は生産・販売継続)。
 
引用元:カーセンサーnet


このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

三菱 eKカスタム
日本で最古参の三菱自動車の歴史は、1917年に三菱造船神戸造船所で三菱A型乗用車を製作したことに遡ります。
三菱 eKスペース
今までの軽自動車のイメージは「狭い」、「エンジンを踏み込んでもスピードが遅い」などが挙げられていた。しかし、一般家庭をモデルとしたゆったり広々と乗れる軽自動車が三菱の「ekスペース」である。
三菱 eKワゴン
三菱から発売されている女性を狙ったデザインと装備を備えたekワゴン。99%UVカットガラスを採用している。リアビューモニター付きでスムーズに駐車が可能で、運転席の高さを変えられるハイトアジャスターで、小柄な体格でも身体にフィットした正しい姿勢で運転できる。
三菱 RVR
RVRは1991年に登場。片側スライドドアとトールサイズのワゴン。初代のボディサイズはL: 4,360mm、W:1,695mm、H:1,680mm。初代モデルから、途中に空白期間を挟みながら3世代続いている。
三菱 アイ・ミーブ
2009年、i(アイ)の車台を共用して開発した電気自動車としてアイミーブが登場。ボディサイズはL:3,395mm、W:1,475mm、H:1,610mm。搭載されるモーターは2種類の出力を用意し、30kW、47kWとなっている。
三菱 アウトランダー
三菱アウトランダーは、「最高傑作」を謳う三菱自動車の自信作として登場したSUV。4WDの三菱自動車らしい、重厚で威圧感あるデザインとボディを手に入れた車種として、老若男女を問わず高い人気を獲得。
三菱 アウトランダーPHEV
三菱 アウトランダーPHEVは通常のプラグインハイブリッドとは違い、「自分で発電する電気自動車」である。前輪はエンジンとモーターで、後輪はモーターのみで駆動する4WDのSUVモデルだ。
三菱 ギャランフォルティス
ギャランフォルティスは2007年に登場。名称にギャランを名乗っているものの、プラットフォームはランサー。グレードはセダンの「EXCEED」「SUPER EXCEED」と、5ドアハッチバックの「SPORT」と「RALLIART」をラインアップしている。
三菱 ギャランフォルティススポーツバック
セダンボディのギャランフォルティスに対し、5ドアハッチバック車としてラインナップに追加されたモデル。フロントはセダンのギャランフォルティスにあるスポーティグレード「ラリーアート」のデザインが流用され、サイドからリアにかけてはクーペをイメージさせるオリジナルのデザインとなる。
三菱 タウンボックス
タウンボックス(TOWN BOX)は、三菱自動車工業が販売するワンボックス型の軽自動車(軽キャブワゴン)であり、ミニキャブの乗用車バージョンに当たる。
三菱 ディグニティハイブリッド
全長5mオーバー、ホイールベースも3mを超える三菱自動車のフラッグシップセダン。ベースとなるのは日産 シーマでベース車同様の交流同期モーター、リチウムイオンバッテリーなどで構成される1モーター2クラッチ方式の「インテリジェントデュアルクラッチコントロール」式ハイブリッドシステムが採用された。
三菱 デリカD:2
多機能ミニバンであるデリカシリーズのエントリーモデルとして位置づけられたコンパクトカー。2010年12月にデビューしたスズキソリオがベースとなっている。全長4mに満たないコンパクトなボディに、広い室内空間や後席両側スライドドアなど、便利な機能が盛り込まれている。
三菱 デリカD:3
デリカD:5、デリカD:2に続くデリカシリーズの第3弾。日産自動車のNV200バネットをベースとするOEM車である。
三菱 デリカD:5
デリカD:5は2006年、アウトランダーとの共用プラットフォームを用いて登場。FF化によるスペース性の確保と、リブボーンフレームという、ほ乳類の肋骨(ろっこつ)に似た環状型骨格を採用し、剛性と安全性を確保した。
三菱 デリカバン
日本で最古参の三菱自動車の歴史は、1917年に三菱造船神戸造船所で三菱A型乗用車を製作したことに遡ります。
三菱 パジェロ
優れたオンロード性能に加え、抜群の悪路走破性を持つ自動車の一つが、三菱パジェロである。三菱自動車独自の優れた4WDシステムや3.2Lコモンレール式ディーゼルエンジンによって、雪道や山道など過酷な環境においても的確な走行を行うことが可能となっている。
三菱 プラウディア
三菱自動車の高級セダンとしてパーソナルユースからビジネスユースまで幅広いニーズに対応するべく投入されたモデルがプラウディアになる。
三菱 ミニキャブトラック
スズキ エブリイのOEM車で、クラストップの荷台フロア長が与えられた軽商用トラック。荷台の床面地上高も低く、荷物を多く積めるだけでなく、積み降ろしもしやすくなっている。広いドア開口部と低いシート座面による良好な乗降性も特徴のひとつ。
三菱 ミニキャブバン
日本で最古参の三菱自動車の歴史は、1917年に三菱造船神戸造船所で三菱A型乗用車を製作したことに遡ります。
三菱 ミニキャブミーブ
環境汚染や石油エネルギーの枯渇など、自動車が直面する課題に対応するべく、三菱が開発した独自のMiEV(ミーブ)コンセプトによる電気自動車の第2弾。i-MiEVで得られた技術やノウハウを最大限に生かして開発された軽商用電気自動車がミニキャブMiEVだ。
三菱 ミニキャブミーブトラック
「i-MiEV(アイ・ミーブ)」、「MINICAB-MiEV VAN(ミニキャブ・ミーブ バン)」に続く、新世代電気自動車の第3弾にあたるモデル。軽トラックのミニキャブトラックをベースに、リチウムイオン電池やモーター等のEVコンポーネントを搭載。
三菱 ミラージュ
1978年、三菱初のFF車としてバックボディでミラージュは登場。以後、途中に空白期間を挟みながら、6世代30年以上にわたりモデル継続している。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 車の売り方 基礎知識 高く売るには サイトマップ

先頭へ戻る